JM/北野武ハリウッドデビュー作!カルトSF映画を独自紹介!!

出典:IMDb

今回はJMを紹介させていただきます!!

本作は北野武にとってのハリウッド

デビュー作かつキアヌ・リーヴスとの

共演作でもあります!!

そんな夢の共演が実現した本作は、

一部で熱く支持されるカルトSF映画です。

当記事を参考に、ご鑑賞いただければ嬉しいです。

1.JMあらすじ紹介

死の病NAS(神経衰弱症候群)が広まり

猛威を振るう2021年…

しかし、このウィルスに関する貴重な

情報が、記憶屋と呼ばれる一人の男の

頭部に埋め込まれたインプラント(記憶装置)

の中に隠されていた…

モーニング・コールで目覚めたジョニー

ラルフィーインプラント(記憶装置)

摘出手術の日取りについて連絡を入れるが、

手術料金が跳ね上がったことで手術をすることが難しくなる。

そのことで苛立ちを隠せないジョニー

だったが、ラルフィーは最後の仕事として

大金を稼げる仕事をジョニーに案内する…

そして明朝、

北京へと向かうことになった。

北京はNASに対しての方策に不満を抱く

市民と警官隊の衝突が勃発し、大きな

暴動となっていた…

ジョニーはあるホテルに到着すると、

椅子に座っている男性の隣に座る。

その男性からぺメックス・タブラー

(記憶容量倍増ツール)を受け取ると

エレベーターへと乗り込む。

ぺメックス・タブラーからコードを伸ばし、

コードの先をジョニーの頭部に付いた

差し込み口に差し込むと、

記憶容量を増加させていく…

ジョニーは目的の部屋に到着し

客と接触すると、早速仕事に取り掛かる。

しかし、客から提示された記憶容量は

ジョニーの記憶容量をはるかに上回るものだった…

ジョニーは“楽々”とだけ客に伝えるが、

記憶容量を超える容量を記憶すると

ジョニーの身も危険であること、

最悪命を落としてしまうと記憶したデータ

の取り出しも不可能になってしまう…

そんな中、ホテルには4人組の怪しい男たちが

到着していた…

ジョニーはVRのような装置を頭部につけて

記憶していき、無事に容量を超える記憶を

頭部に埋め込まれたインプラントへ移植

することができたが、直後にジョニーは

バスルームへと向かい鼻血を出しながら激しい頭痛に苦しむ…

多少回復したところでバスルームから

出ようするが、部屋の扉に取り付けた

警報装置が鳴ったので、ジョニーは急いで

バスルームへ身を隠す…

直後に武装した4人組が部屋の中に突入!!

銃撃戦が繰り広げられる中、

4人組の一人が半分扉の開いた

バスルームへと入ってこようとするが、

ジョニーが先制攻撃し一人撃退する…

部屋ではジョニーの客やその仲間たちが

男たちによって射殺されていくが、

なんとかジョニーは部屋から逃げ切ることに成功…

4人組のボス、シンジは生き残った客の指を、

親指に装着したレーザーカッターのような

武器で一瞬で切り落とし、逃げたジョニーの行方を聞くだった…

JM : Johnny Mnemonic – Trailer [Japanese version]

2.(JM)キャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 1995年4月15日

上映時間: 103分

監督: ロバート・ロンゴ

原作: ウィリアム・ギブソン

脚本: ウィリアム・ギブソン

製作: ドン・カーモディ

ビジュアル・コンサルタント:ジド・ミード

主演者:

キアヌ・リーヴス → ジョニー 役

ウド・キア  ラルフィー 役

北野 武  タカハシ 役

デニス・アキヤマ  シンジ 役

ドルフ・ラングレン → カール 役

バーバラ・スコヴァ → アンナ・K 役

ディナ・メイヤー → ジェーン 役

J-ボーン → アイス・T 役

スパイダー → ヘンリー・ロリンズ 役

※トリビア

・本作(JM)北野武

 ハリウッドデビュー作。

ロバート・ロンゴ監督は、

 アーティスト出身で、JMが初映画監督作品

 となった。

・原作はSF小説家ウィリアム・ギブソン

 の短編小説を元にしたもので、

 ギブソン自身も脚本家として

 本作に携わっている。

3.JMの感想などを紹介

出典:IMDb

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.JMの感想

NASやらペメックス・タブラーだとか

何やら聞き慣れない難しい横文字が

多く登場し、物語から置いて行かれる

感覚があったが、キアヌ・リーヴス

北野武、さらには人間核弾頭こと

ドルフ・ラングレンまで出ているのだから、

意外と面白いカルトSF映画です。

個人的に良かったのは、北野武が演ずる

タカハシと部下のシンジのやりとり…

お世辞にも上手いとは言い難い片言の

日本語を喋るシンジに対し、タカハシが

率直な一言“テメェ何言ってるのか

分かんねえよ。英語で話せ!!”など、

シンジのボケに対して、あまりにも的確な

タカハシのツッコミは漫才を見ているようだった…

後年、英語は苦手だと北野武は語っていた

らしいが、本作では英語と日本語のセリフを

巧みに使い分けてヤクザのボス、タカハシを演じ切っていました。

また、ジョニーを追う刺客に

ドルフ・ラングレン演ずるカールが登場

するのだが、見た目は某宗教団体の尊師

ソックリの風貌で、ドルフ・ラングレンとは

気付かなかった…

カールというキャラクターが劇中で

登場する悪役の中で一番怖い奴で、

全身がサイボーグで出来ているので、

トラックに轢かれても無傷な上、相手

を残酷に尋問し、残酷に殺害するという

狂人で、コイツの登場するシーンは

ヒヤヒヤさせられました…

3-2.JMの評価

3/5

独特なサイバーパンク世界を描いた本作

JMは、カルトSF映画として一部で根強い

人気がある作品だと言うが、確かに鑑賞後

にはこの独特な未来世界観に惹き込まれる理由が分かった気がした。

ジョニーがVRのような装置を付けることに

よって観えるインターネットの世界、

体の一部がサイボーグとなった人間。

シンジの親指に装着された

レーザーカッターの武器、漢字やカタカナ

が登場したり独特過ぎるサイバーパンクな

世界観にお腹が一杯になりました。

3-3.JMのピンボール・ゲームを紹介

上の画像は友人と大阪へ旅行した時、

ピンボール専門店THE SILVER BALL PLANET

で撮った、JMのピンボールゲームです。

2018年に行った時に撮ったものなので、

現在も稼働しているかは不明です。

1プレイするのに50円という格安料金で

遊べました…

人気ねぇな笑

プレイ動画はその時は撮りませんでしたが、

海外の方でプレイされている方がいたので、動画を貼っておきます。

Johnny Mnemonic Pinball – AWESOME GAME! – Part 1

3-4.JMのPCゲームを紹介

なんと過去には本作JM

PCゲームが発売されていたようです…

※ちなみに日本では未発売

Johnny Mnemonic (1995) PC FMV game

動画にあるように実写取り込みのゲームと

なっていますが、キアヌ北野武は登場

せず、ゲームのためにキャストを一新して、

作られているようです。

※ここからは余談になります※

JMとは関係なさそうですが、

サイバーパンク2077というゲームが

今後、発売予定でなんとキアヌ・リーヴス

出てくるんですよ!!

しかもキャラクター名が“ジョニー”…

サイバーパンク2077 — 日本語吹替版シネマティックトレーラー

何かしらの関係があるのでしょうか?

4.JMこんな方にオススメ

ブレード・ランナーマトリックス

お好きな方は特に気に入っていただけるかと思います。

キアヌ・リーヴスは本作以降、

マトリックスに出演しているので、

本作JMがなければ、出演はしていなかったかもしれません…

まとめ

今回はJMを紹介させていただきました。

一部で熱狂的に支持されるカルトSF映画

です。

期待を外さない映画ですので、まだ未見で

あれば是非ご鑑賞下さい!!

※ランキングUPを目指していますので、

 クリックしていただければ嬉しいです♪

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました