2020年『映画館』で鑑賞することが出来た作品を紹介!!

2020年、コロナという前代未聞のウィルス

の影響下、劇場公開されるはずだった映画

が延期になるなど、映画好きにとっては悲しい年でした…

 

しかし、この状況下で劇場公開に舵を

切った作品もあり、私が映画館で鑑賞する

ことが出来た映画を紹介します…

1.2020年映画館で鑑賞した作品たち…

コロナの感染が拡大し、

世の中は自粛ムードですが、

2020年『映画館』で鑑賞した作品を紹介していきます!!

 

1-1.ランボーラストブラッド

※簡単なあらすじを紹介

前作でのミャンマーでの激戦から、

母国アメリカのアリゾナへ戻った

ベトナム帰還兵のジョン・ランボーは、

友人のマリアとマリアの孫娘ガブリエラ

共に牧場暮らしをしていた。

 

しかし、

ガブリエラの実父が、メキシコで生活して

いると分かったガブリエラは、友人の

ジゼルを頼りに単独でメキシコへと渡り、

実父が住む住居へと向かう…

 

だが、

そこで実父に冷たくあしらわれた後、

クラブで人身売買組織に拉致され、

それを知ったランボーはガブリエラを救出

するために、メキシコへ向かうが…

 

※個人的な感想

3.5点/5点中

長きに渡って続いたランボーシリーズの最後の作品!!

 

これまで、大きな勢力と戦ってきた印象の

あるランボーだが、本作では田舎の小さな

人身売買組織と規模は小さめ…

 

しかし、

年老いたランボーが相手をするなら、

現実的に考えて丁度いい相手だったのかもしれない…

 

本作はR15指定で、

シリーズ随一のバイオレンス描写

グロテスク描写が満載で、

孫娘のガブリエラやランボーを、

散々にいたぶった組織の連中を、

終盤の牧場のシーンで、

ただの“肉塊”に変えていく様は爽快感を感じた。

 

シリーズのラストにしては寂しい終わり方

だったので、スタローンが元気なうちに新作を出してもらいたい!!

1-2.透明人間

※簡単なあらすじを紹介

光工学の権威であるエイドリアンの元から、

彼のDVに耐えかねて、

恋人のセシリアが脱出を図り成功する…

 

その後、

エイドリアンは恋人が去ったショックから、

自殺してしまうが、

ほどなくして、

セシリアの身辺で不可解な出来事が起こり出す…

 

この不可解な出来事を含め、

エイドリアンは実は死んではいなく、

今もどこかで生きていて、

自分を監視しているのではないかと、

セシリアは考え始めるが…

 

※個人的な感想

3点/5点中

本作は賛否両論の作品だったみたいです

けど、個人的にはそんなにでもなかった…

 

透明人間になる概念は、

これまでポール・バーホーベン

(インビジブル)があったように、

薬物の影響で体が透けてしまった作品は

あったが、本作では着脱可能なステルス

スーツを着ることによって、透明になる

演出がされていたので、目新しさを感じて良かった。

 

しかし、

ラストを含めてケビン・ベーコン版の

(インビジブル)は超えられず…

個人的には普通の作品でした…

 

1-3.ディック・ロングはなぜ死んだのか?

※簡単なあらすじを紹介

バンド仲間のオッサン3人組

(ジーク,アール,ディッグ)は、

バンド練習のためにガレージに集まるが、

そこでは3人だけのある秘密が行われていた…

 

この秘密のためにディッグは死亡…

 

ジークとアールは事件の隠蔽を図りますが、

ディッグの死に不審を抱いた警察が、

捜査を開始し3人の秘密が明かされていきます…

 

※個人的な感想

3点/5点中

(スイス・アーミー・マン)

ダニエル・シャイナート監督作品。

 

(スイス・アーミー・マン)が荒唐無稽過

ぎて、物語についていけなかったが、

(ディック・ロングはなぜ死んだのか?)は、

最後まで楽しめた作品。

 

しかし、

親や恋人と観るのは厳禁だと思う…

 

売れないオッサンバンドの驚きの秘密とは!?

 

思わず苦笑いしてしまったし、

これが原因で今までの全てが崩壊するとは…

 

知らない方がいい事実もある…

 

全体的に哀愁漂う作品で、

下ネタ全開ブラックジョークが効いた作品でした。

 

1-4.幸せへのまわり道

※簡単なあらすじを紹介

ジャーナリストのロイドは、

子供向け番組の司会者、

フレッド・ロジャースに関する

記事を書くことになり、

フレッドへ取材を行う、

取材を通して、

フレッドはロイドが大きな問題を、

抱えていることを見抜く…

 

そして、

ロイド自身はフレッドの

不思議な魅力へ惹かれていく…

 

※個人的な感想

3点/5点中

フレッド・ロジャース

実在した子供番組の司会者。

 

日本では馴染み無いが、

アメリカでは、

『ミスター・ロジャース・ネイバーフッド』

の番組名で大変有名だったらしい…

 

映画自体は、

トム・ハンクス演ずる、

フレッド・ロジャースから、

カウンセリングを受けているような

不思議な感覚に浸れる映画でした。

 

また、

フレッド・ロジャースの番組セットみた

いに、町がミニチュアで再現されるシーンも斬新で面白かった。

 

1-5.ザ・ハント

※簡単なあらすじを紹介

広大な森林地帯で目を覚ました12人の男女。

 

大きな木箱を発見した彼等は、

木箱の中から子豚と大量の武器を発見!!

 

武器を手に入れた彼等だったが、

突如“何者か”の銃撃を受け、

壮絶なバトルが開始された!!

 

※個人的な感想

3.5点/5点中

期待せずに劇場へ観に行った作品だったが、

想像してた以上の内容で、

終始ハラハラドキドキさせられた。

 

“コイツは最後まで生き残るだろう”

と思った奴に限って、

あっさり死んじゃったり…

 

観客をブラックジョークを交えつつ、

過激なバイオレンス描写グロ描写で、

かなり楽しませてくれた快作でした。

 

1-6.ワンダーウーマン1984

※簡単なあらすじを紹介

前作から67年後の1984年…

ワンダーウーマンことダイアナは、

博物館で働きつつも、

前作でスティーブ・トレバーを失った

傷が癒えないでいた…

 

ある日、

ダイアナが勤める博物館に、

“願いが叶う石”の鑑定が舞い込む…

 

※個人的な感想

3点/5点中

今年最後に映画館で観た作品。

 

個人的にDC映画が好きなので、

期待を寄せて鑑賞したが、

CG全開のやり過ぎなアクション、

(雷を伝って移動、スーパーマン並みの飛行能力)

ストーリーも“願いを叶える石”が登場する

など、おとぎ話みたいで白けてしまった…

 

コロナ禍の混沌とした現実世界に、

とか希望に満ちたラストだったが、

物足りなかった…

 

まとめ

2020年『映画館』で鑑賞することが

出来た作品を紹介しました。

 

2020年はコロナの影響で、

新作映画が軒並み延期になる、

悲劇に苛まれましたが、

上記で紹介したような、

なんとか劇場公開へこぎつけた作品もあります。

 

それにしてもたった6作品とは2020年は少ない…

 

2021年は、コロナの感染拡大が収まり、

平穏な日常が取り戻せますよう切に

願ってます。

 

記事を読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました