ビヨンド/タランティーノも愛したファンタジック残酷スプラッター映画を紹介

出典:Amazon.co.jp

今回はビヨンドを紹介します。

 

言わずと知れた、

イタリアが誇るスプラッター映画の巨匠

ルチオ・フルチによる、サンゲリア

地獄の門に続く、代表的なスプラッター

映画です。

 

映画全編を通して、

過激な人体破壊描写が随所で見られ、

硫酸で顔面を溶かす素手で目玉を抉り取

など…ショックシーンが連発し、

さらにファンタジックな映像描写も相ま

って、見応えのある作品となっています。

 

ハリウッドの大御所映画監督

クエンティン・タランティーノも愛した

作品です。

 

それでは詳しく紹介していきます。

 

1.ビヨンドあらすじ紹介

1927年、

アメリカのルイジアナ州にある

セブンドアーズ・ホテル

 

そのホテルの一室では、

画家のシュワイクが夜遅くまで

絵画の制作に勤しんでいたが、

そのホテルの一室へ、

大勢の男達が乱入し、怯えるシュワイク

に向けて“お前がいる限り、このホテルと

街は呪われる”と言うと、シュワイク

壮絶な暴行を加え、シュワイク

ホテルの地下へと連行し、磔にしたあと、

シュワイク体に硫酸を浴びせて惨殺する

のだった…

 

時は流れて…

1981年のアメリカのルイジアナ州、

かつてのセブンドアーズ・ホテルは廃業

し、建物は廃墟と化していたが、

叔父からこのホテルを相続したライザは、

ホテルの営業再開に向けて、

建物の外装工事を進めていた。

 

だが、

外装工事を行っていた作業員のラリーが、

作業中に白目をした女性を目撃し、

驚いたラリーは足場から転落…

 

ラリーは重傷を負い、

現場に呼ばれた医師のジョン・マッケイブ

によって、病院へと搬送されることとなっ

た。

 

しばらくして、

ホテルにライザが呼んだ、

水道屋のジョーがやって来ると、

水浸しになっている地下の修理をしても

らうこととなった。

 

ライザに地下まで案内されたジョーは、

早速、作業を開始し、

レンガ壁から水が溢れ出している箇所を

発見、ジョーはそのレンガ壁を崩すと、

さらに奥へと道が続いていることを知る。

 

ジョーは道なりに進んで行くが、

水が溢れ出す崩れかけの壁に突き当たる…

 

ジョーは壁に手を触れると、

徐々に壁に穴が開き始めるが、

同時にそこから腐った腕が飛び出し、

ジョーの顔面を鷲掴みにすると、

そのままジョー眼球を抉り出すのだ

った…

 

なかなか地下から戻ってこないジョー

心配して、雑用係のマーサジョーを探

しに地下へと降りるが、そこで惨殺死体

となったジョーを発見…

 

さらに、

ジョーの遺体の傍には、

54年前に惨殺されたシュワイク腐乱死体

も横たわっていた…

 

ジョーシュワイクの遺体は、

医師のジョン・マッケイブが勤める病院の

解剖室へと運ばれるが、ジョーの遺体に会

うために、ジョーの妻と娘が病院へとやっ

て来る。

 

ジョーの妻は、

娘を待合室に残すと、

一人でジョーの遺体が眠る解剖室へ入る

が、腐乱したシュワイクの遺体を見て

狂…

 

そのはずみで、

近くに置いてあった硫酸を顔面から被り、

亡くなってしまう…

 

母親の悲鳴を聞いて、

娘の方も急いで解剖室へ入って来るが、

その娘にも悲劇が襲う…

 

その頃、

ライザの前に“ホテルから立ち去れ”と忠告

するエミリーという盲目の女性が現れ、

エミリーからかつてシュワイクが滞在して

いたホテルの一室を教えてもらう…

 

ライザエミリーの情報を元に、

シュワイクが滞在していた部屋の中を

調査してみると、部屋の中から

“エイボンの書”と死んだはずのシュワイク

亡霊を目撃するのだった…

 

ホテルに隠された秘密とは…

 

ライザに更なる惨劇が待ち受けていた…

 

エイボンの書とは、

 クトゥルフ神話に登場する架空の本。

ビヨンド<4Kリマスター版> [ カトリオーナ・マッコール ]

価格:3,260円
(2021/9/21 10:54時点)
感想(0件)

2.ビヨンドのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日:日本劇場未公開

上映時間:87分

監督:ルチオ・フルチ

脚本:ルチオ・フルチ

製作:ファブリッツィオ・デ・アンジェリス

特殊メイク:ジャンネット・デ・ロッシ

主演者:

カトリオーナ・マッコール ライザ 役

デビッド・ウォーベック ジョン・マッケイブ 役

サラ・ケラー エミリー 役

ジョヴァンニ・デ・ナヴァ ジョー 役

ベロニカ・ラザール マーサ 役

アントワーヌ・セイント=ジョン シュワイク 役

※トリビア

・特殊メイクを担当したジャンネット・

 デ・ロッシは、この他にもサンゲリア

 などのルチオ・フルチの作品で特殊メイ

 クを担当した他、当ブログで紹介した

 デイライト言ったメジャー作品や、

 ハイテンションなどのスプラッター映画

 の特殊メイクも担当されてました。

 

3.ビヨンド感想やネタバレなどを紹介

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.ビヨンド感想

映画全編を通して残酷人体破壊描写

てんこ盛りで、途中からストーリーは

どうでもよくなってきます。

 

特に水道屋のジョー目玉を抉り取られる

シーンゾンビ化した少女の頭部を拳銃で

吹き飛ばすシーンなどは印象深いです…

 

また、

前述した残酷なスプラッター描写だけで

なく、ゾンビ化した水道屋のジョーや、

同じくゾンビ化したシュワイクの造形は、

おどろおどろしい姿をしていて、

今観ても身震いするくらいのおぞましさを

感じます。

※↑はゾンビ化した水道屋のジョー

 生きた人間にジリジリ近づいてきます…

 

また、

エミリーと初めて出会う橋のシーンや、

終盤の地獄の門が崩壊するシーンなど、

どこかファンタジックに感じる映像描写

もあり、ただグロくて怖いスプラッター

映画ではない…はずです…

 

3-2.ビヨンド評価

評価 :3/5。

3/5点中

物語に不条理さがあって、

理解できない部分もあったが、

序盤から終盤まで残酷な人体破壊描写

恐怖演出が多く、物語に自然と惹き込まれ

る面白さがあります。

 

ルチオ・フルチビヨンド以外にも、

数多くの映画を製作していますが、

個人的にはビヨンドサンゲリア

地獄の門ベストな感じがします。

 

スプラッター映画が好き、

または興味があるという方は、

まずは観て欲しい作品です。

ビヨンド<4Kリマスター版> [ カトリオーナ・マッコール ]

価格:3,260円
(2021/9/21 10:54時点)
感想(0件)

3-3.ビヨンドのフィギュアを紹介

本作ビヨンドより、

盲目のエミリーがフィギュアになって

いた!!

出典:Amazon.co.jp

こちらのエミリーのフィギュアは、

ニューライン社から2013年に発売され

ております。

 

全高は約30cm。

 

劇中で登場したエミリーの盲導犬や、

シュワイクの部屋に置いてあった、

エイボンの書も忠実に再現されてます。

 

個人的にエミリーの足元にある、

THE BEYONDのロゴが堪らなくかっこ

いいです。

 

補足:当ブログで紹介した悪魔の植物人間

   のフィギュアも、ニューライン社よ

   り発売されてます。

 

4.ビヨンドこんな方にオススメ

スプラッター映画ホラー映画好きに

オススメができます。

 

まとめ

今回はビヨンドを紹介しました。

 

序盤から終盤まで残酷描写

てんこ盛りのファンタジック

スプラッター映画であり、

ホラー映画スプラッター映画好きには

堪らない作品です!!

 

また、

タランティーノも愛した作品だけあって、

未だに世界中のホラーファンから愛され

る、伝説的スプラッター映画です。

 

気になる方は、

是非、鑑賞をオススメします。

 

記事を最後まで読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。


オカルト・ホラーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました