イベント・ホライゾン/SFホラー映画の快作を独自紹介!!

出典:IMDb

今回紹介するのはイベント・ホライゾン

になります!!

 

本作は一部で熱狂的な支持を得ている

SFホラー映画の快作です。

当記事を参考に、

映画を鑑賞していただければ嬉しいです!!

 

1.イベント・ホライゾンあらすじ紹介

2040年超深宇宙探査船

“イベント・ホライゾン”

太陽系境界線の探索に出発するが、

第8の惑星“海王星”の彼方で消息を絶ってしまう…

 

7年後の2047年現在、

悪夢から目覚めたウェアー博士

アメリカ航空宇宙船ルイス&クラーク号へ乗り込む。

 

ルイス&クラーク号は今回極秘の任務に携わっていた…

 

乗組員たちは服を脱ぎ重力タンクに

それぞれ入り、海王星までの道のりを

そのタンク内で過ごす…

 

56日目…

“ビリー”と謎の女性の呼びかけに

ウェアー博士はタンク内で目覚める。

 

タンクから外へ出るが、他の乗組員はタンク内で眠ったまま…

 

ウェアー博士は声の主を探すため、

船内を徘徊していると操縦室で椅子に座っている女性を発見する…

 

そっと女性に近づき、女性が座っている

椅子をこちらに向けるが、そこに座ってい

たのは亡くなったはずのウェアー博士の妻…

 

彼女は空洞となった両眼を見開き一言

“待っているわ”と言いウェアー博士

恐怖で絶叫するが、それはウェアー博士

夢の中で体験した悪夢だった…

 

56日間のタンク内での眠りから

他の乗組員たちも目覚め、

残り2時間30分後に海王星圏内に到着

というところまで宇宙船は移動。

 

そして、ウェアー博士から今回の極秘任務

の詳細が始めて語られる…

 

それは最近になってイベント・ホライゾン号

からの信号が海王星近辺で検知されたというものだった…

 

乗組員たちから

“そんなのありえるはずがない!”

と声が上がる中、ウェアー博士は話を続け、

イベント・ホライゾン号を発見し回収する

こと…

それが今回の任務だった。

 

海王星の近辺でイベント・ホライゾン号

無事に発見したルイス&クラーク号

乗組員たちは、ドッキング・チューブを

伸ばしイベント・ホライゾン号の中に潜入、

生存者の発見に向かいます…

 

最初に潜入したのは、ミラー船長

ジャスティンピーターズの3人。

 

ジャスティンは船内の探索を続ける中、

船の心臓部(コア)を発見するが、

同時にジャスティンとの通信が途絶える…

 

その頃、ジャスティンコアから放たれた

強い光に包まれ、コアから光の放出が収

まった後、ジャスティンは恐る恐るコア

触れると、ジャスティンの体がコアへと吸

い込まれてしまうのだった…

 

コアから強大な衝撃波が放たれ、

イベント・ホライゾン内にいた

ミラー船長ピーターズを襲い、

さらにその衝撃波はルイス&クラーク号

まで到達。船内を徹底的に破壊する…

 

ルイス&クラーク号に残っていた乗組員も

イベント・ホライゾン号へ退避するが、

イベント・ホライゾンの船内では

徐々に奇妙な出来事が起こり始める…

 

Event Horizon Trailer HD

2.イベント・ホライゾンのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 1997年11月15日

上映時間: 96分

監督: ポール・W・S・アンダーソン

脚本: フィリップ・アイズナー

製作: ローレンス・ゴードン

    ロイド・レヴィン

撮影: エイドリアン・ビドル

音楽: マイケル・ケイメン

主演者:

サム・ニール → ウェアー博士 役

ローレンス・フィシュッバーン  ミラー船長 役

ジャック・ノーズワージー  ジャスティン 役

キャスリーン・クインラン  ピーターズ 役

ジョエリー・リチャードソン → スターク 役

リチャード・T・ジョーンズ → クーパー 役

ジェイソン・アイザックス → DJ 役

ショーン・パートウィー → スミス 役

※トリビア

 ・ウェアー博士を演じたのは

ジュラシック・パークアラン博士

  演じたサム・ニール!!

  2021年公開予定の

  ジュラシック・パークの新作

  ジュラシック・ワールド ドミニオン

  にも出演。再びアラン博士の活躍が

  期待できる!!

  

3.イベント・ホライゾンの感想などを紹介

出典:IMDb

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.イベント・ホライゾン感想

異次元から戻ったイベント・ホライゾン号

自体が地獄に取り込まれていて、

船全体がの意思を持ち、乗組員に襲い

掛かってくるというもの。

 

襲い掛かってくるとは言っても

物理的な攻撃ではなく、

幻覚を見せて精神的に追い詰めていく…

 

この幻覚が意外にも怖くて

サブミナル効果のように地獄で苦しむ

クルーたちの姿がパッと出たり、

ワッと観客を驚かす演出や心霊演出も

あってそこそこ怖かった。

 

※年齢制限があります。ご鑑賞はご注意下さい。

Event Horizon 'Hell' Scenes

 

物語後半からは、船の悪に触発された

ウェア博士が自らの両眼をくり抜き、

物理的な攻撃をガンガン仕掛けてきます 笑

 

そんなウェア博士ミラー船長の戦いも

面白いので、ちょっとしたアクション映画

のような側面もあるSFホラー映画でした。

 

3-2.イベント・ホライゾン評価

評価 :3/5。

3/5

もう20年以上前の作品だと思って

侮るなかれ!!

 

ちゃんとSFホラー映画として

そこそこ怖い映画に仕上がってました。

 

怖いだけでなく、グロい描写もある映画

ですので、苦手な方は注意が必要かも!?

 

ラストは人それぞれ解釈が分かれそうな

映画なので、観た者同士で、

本作を語り合うのも楽しいかと思います。

 

4.イベント・ホライゾンこんな方にオススメ

ホラー映画好きはもちろん、

SF映画好きも観てほしい一本です!!

 

本作イベント・ホライゾンの制作にあたり、

制作段階の時点でクライヴ・バーカー

(ヘル・レイザーを監督したことで有名な

小説家兼映画監督)

が本作に助言も与えているようなので、

所々でクライヴ・バーカーから

影響を受けたとみられるシーンが

多々観られました…

 

まとめ

今回はイベント・ホライゾン

紹介させていただきました。

 

一部でカルト的人気を集める作品だけあり

SFホラー映画の快作ですので、

是非、ご鑑賞いただければ嬉しいです。

 

※ランキングUPを目指していますので、

 クリックしていただければ嬉しいです♪

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました