変人ナポレオンの学園生活を描く傑作コメディー「バス男」を紹介!!

出典:IMDb

今回は超オススメのコメディー映画

「バス男」を紹介させていただきます!!

 

本作は日本で劇場公開されず、

ビデオ映画として販売され、

さほど話題にもなりませんでしたが、

2004年当時の本国アメリカで公開されるや、

口コミで本作の面白さが話題となり、

全米でわずか6館での劇場公開が

1000館まで広がり、驚異的な大ヒット

記録した作品です!!

 

そんな本作「バス男」を紹介していきます!

 

1.「バス男」あらすじ紹介

アイダホ州プレストンのド田舎、

そんなド田舎のプレストン高校へ通う

ナポレオン・ダイナマイトは超のつく変人!!

 

いつも口は半開き、

おまけに話をする時は目を閉じて

しまうなど、クセの強い男子高校生…

 

高校へは自家用車を持っていないため、

小学生が利用するスクールバスを

使って通学しています。

 

今日もナポレオンは自宅前で

スクールバスが到着するのを待ち、

スクールバスが到着すると

バスの最後部席に座るや、

バスの窓をあけ、

カバンからヒモで括られた

プロレスフィギュアを取り出し、

ヒモの先を自分で持つと、

フィギュアを窓から外へ放り出す、

すると、

道路をフィギュアが

コロコロ転げ回るのでした…

 

そんな意味不明な遊び?をしながら

高校へと向かうナポレオン

 

高校での授業中、

ナポレオンは授業そっちのけで下手くそな

ユニコーンの絵を描いています…

 

なぜユニコーンなのか?

それはナポレオンにしか分かりません…

 

授業が終わり、ナポレオンは体調が悪いのか

医務室で電話を借りて自宅へ電話をします。

 

電話に出たのはナポレオンの兄キップ

キップは年齢32歳、

無職で自宅に引きこもり、

チャットばかりしている、

ナポレオンに負けず劣らずの変人です…

 

ナポレオンは体調が悪いので、

「ばあちゃんに迎えに来てくれるように頼んで」

と伝えますが、

あいにく祖母は美容院に行って不在…

 

あきらめきれないナポレオンは、

兄のキップ

なぜか“リップクリーム”

持ってくるよう頼みます。

 

どうやらナポレオンは、

ただ唇が痛かっただけなようです…

 

キップは医務室で借りるよう促しますが、

ナポレオン「そんなの借りるかよ!」

と逆ギレしたため、

キップに電話を切られるのでした…

 

電話を切られ意気消沈のナポレオンですが、

すぐ近くで、

校長先生が転校生に向かって何か言っています。

 

ナポレオンが近づくと、

校長先生がナポレオン

ロッカーまで転校生を案内してくれるよう

頼んできました。

 

ナポレオンは快く快諾し、

ロッカーまで転校生を案内します。

 

その間、

ナポレオンはお得意のホラ話を

転校生に吹き込むのでした…

 

この転校生の名はペドロ

メキシコ系の男子学生で、

年齢に不相応な口ヒゲを生やしている、

これまた変わり者です。

 

ナポレオンペドロ

「君もバス通学なのか?」と質問します。

 

ペドロ「自転車通学だ。」

と答えます。

 

学校の外でペドロの自転車を

見せてもらうナポレオン

 

あまりの自転車のカッコよさに、

「自転車でジャンプできる?」

と質問するナポレオン

 

ペドロの答えは「Yes!」

 

早速、簡易な坂を作り、

助走をつけてペドロが自転車で

軽くジャンプしてみせます。

 

それを見たナポレオンは、

自分も試したいとペドロの自転車を借り、

助走をつけてジャンプしてみせますが、

自転車のタイヤが台の板に乗り上げた瞬間、

板が折れ、ジャンプは失敗…

 

ナポレオンは股間を強打してしまうのでした…

 

しばらくして、

ナポレオンペドロは友達になり、

ペドロを含めたナポレオンにとっての

新しい学園生活がはじまるのでした…

 

2.「バス男」キャスト・スタッフ紹介

原題: ナポレオン・ダイナマイト

日本公開日: 劇場未公開作

上映時間: 95分

監督: ジャレッド・ヘス

脚本: ジャレッド・ヘス

    ジェルッシャ・ヘス

製作: ショーン・コヴェル

    ジェレミー・クーン

音楽: ジョン・スウィハート

受賞歴: MTV ムービー・アワード 最優秀作品賞

     ゴールデンサテライト オリジナルスコア賞

     USコメディフェスティバル 最優秀作品賞

  

主演者:

 ジョン・ヘダー → ナポレオン・ダイナマイト 役

 アーロン・ルーエル  キップ 役

 エフレン・ラミレッツ  ペドロ 役

 ジョン・グリース  リコ叔父さん 役

※トリビア

・原題は「ナポレオン・ダイナマイト」なのだが、

 日本でのビデオ販売当時、

「電車男」が一世を風靡していたのと、

 主人公のナポレオンが高校へ通学するのに、

 スクールバスを利用していたことから、

 この「バス男」というタイトルが

 付けられたとされる。

 

 しかし、

 このタイトルには酷評が多く、

 2013年には「ナポレオン・ダイナマイト」

 タイトルを変更してDVDが販売された。

 

3.「バス男」感想など

出典:IMDb

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.「バス男」感想

ナポレオンペドロもそうなのだが、

一癖も二癖もあるような登場人物が登場するので、

終始笑いっぱなしだった。

 

アメリカ映画で頻繁に使用される、

「S○X」「F○○k」などいった汚いスラングや

そういった描写が一切、

「バス男」の劇中では描かれていないので、

家族みんなで観ても、

微妙な雰囲気にならずに済むと思うので、

安心して観れる映画であると思う。

 

劇中、

変人っぷりをいかんなく発揮する

ナポレオンですが、

友人ペドロのために一肌脱ぐなど、

努力家で真っ直ぐな一面も見られ、

良い意味で只者ではないことが分かるのが良かった。

 

3-2.「バス男」フィギュア

出典:Amazon.com

上の画像はマクファーレン・トイズから発売された

ナポレオン・ダイナマイトのフィギュアになります。

 

ナポレオンのフィギュア以外にも、

劇中に登場した、ペドロ

ナポレオンの兄キップリコ叔父さん

などがフィギュア化されていて、

色んなバリエーションが存在し、

どちらも躍動感があってカッコイイです‼

 

劇中ではイケてない感が

半端ないキャラクターたちが、

フィギュアにしちゃうと

カッコよく決まるんですよね‼

 

不思議…

これらはお部屋のディスプレイとして楽しめます。

 

ただ、

残念ながら発売から随分経っているので、

お店で発見するのは困難かもしれません…

 

これは、

ナポレオンの兄キップ

フィギュアです‼

 

チャットで知り合った

ソウルメイトの黒人女性ラフォンダ

から大改造され、

ラッパーのような姿に変貌しちゃいました 笑

 

見た目は変われど、

中身はナポレオンの兄キップなので、

ご安心下さい‼

3-3.「バス男」Tシャツ

出典:Amazon.com

無謀にも生徒会長に立候補した

友人ペドロを助けるために、

劇中、ナポレオン

学校内で着用していたTシャツです。

 

「ペドロに投票を」

書かれています。

 

映画が大ヒットしたこともあり、

このTシャツは流行したようです…

 

現在でも、

Amazonなどで購入ができます!

 

ハロウィンの時期にナポレオンの仮装を

してみても面白いのではないでしょうか!?

 

ご興味のある方は是非!!

 

3-4.「バス男」評価

評価 :4/5。

4/5

何回観ても笑える映画って

個人的に良作だと思うんですよね!

 

本作、

「バス男」はそんな良作の

一つだと思ってます。

 

しかも笑えるだけでなく、

最後は少し泣けるんですよ…

 

皆が幸せになるというか、

ナポレオンに関わった人たちが、

ちょっとだけ幸せになるような

ラストシーンはよかった‼

 

また、普段は無表情の友人ペドロが、

ラストの“ある”シーンで、

とてもイイ笑顔になるんです…

 

このシーンのために、

笑顔を残しておいたのかと思ったくらいだった。

 

コメディー映画としても申し分なく面白いですが、

青春映画としての側面も兼ね備えた

映画でもあるので、

爽やかで良い映画だった。

 

4.「バス男」こんな方にオススメ

コメディー映画好きに限らず、

映画好きな方は

是非チェックしていただきたいと

思っています‼

 

また、

感想の方でも述べさせていただきましたが、

この映画には汚いスラング

「S○X」「F○○k」といった

言葉や気まずい描写も一切登場しないので、

ご家族と一緒に鑑賞できるのもいい所です。

 

自粛が長引く今日この頃ですが、

本作を観て、思いっきり笑って、

鬱憤を晴らすのもいいかもしれません!

 

まとめ

今回は「バス男」

紹介させていただきました!

 

こんなに笑える作品なのに、

続編が未だに作られていないのが、

不思議です!!

 

「バス男」を鑑賞される際は、

エンディング後にも、

おまけの映像が流れるので、

見逃さないようお気を付け下さい!!

 

※ランキングUPを目指していますので、

 クリックしていただければ嬉しいです♪

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました