ザ・ショック/後のホラー映画に多大な影響を与えたイタリアンホラー映画を紹介

出典:Amazon.co.jp

今回はザ・ショックを紹介します。

 

監督したのはイタリアンホラー映画

神様と言っても過言ではない

マリオ・バーヴァです。

 

イタリア郊外の邸宅を舞台に、

とある一家が様々な怪奇現象に遭遇…

恐怖の心霊現象が少しずつ一家の

精神を蝕んでいき、物語は

最悪の結末を迎えます…

 

それでは本作を詳しく紹介していきます。

 

1.ザ・ショックあらすじ紹介

イタリアの郊外にある住宅に、

ドラと息子のマルコ、それに

ドラの再婚相手でパイロットの

ブルーノが引っ越してきた。

 

マルコは新しい我が家に喜んでいたが、

ドラだけはどこか不安げな様子であった…

実は7年前、ドラの元夫のカルロが、

この邸宅の近くの海からボードで出航

したまま、二度と戻ってこなかったので

ある…

 

しかも、

この出来事によって、

ドラは精神病院での療養生活

を経験していた。

それでも、

ドラは再婚相手のブルーノマルコ

と共に新しい人生を歩もうとしていた

のだった。

 

そんなある日の深夜、

マルコドラと共に寝室で

寝ていたのだが、ふとマルコ

目を覚ましてしまう。

 

そして、

何気なく窓辺に立って庭を見下ろすと、

ブルーノが作ってくれた手製のブランコが

ひとりでに動くところを目撃してしまう…

 

マルコは母親が眠っているベッドに

戻ると、おもむろに寝ている母親に

手をのばす。

だが、その手は傷だらけで、

長い間、水に浸かっていたかのように

腐乱していて、マルコの手ではない、

大人の手であった…

 

ある日、

ドラは引っ越し祝いで、

古い友人たちを自宅に招いてパーティー

を開催するが、そのパーティーの間中、

マルコはずっと不機嫌な態度をドラ

示し、遂には“殺してやる”ドラに告

げる…

 

それからというもの、

マルコの行動はエスカレートし始め、

その様子を見かねたブルーノが、

マルコに対し

“なぜ、イタズラをするのか?”

と問い質すが、マルコ

“秘密だから言えない”

ブルーノをあしらう。

 

その日の夜、

ドラブルーノよりも先にベッドで

寝ていたが、悪夢にうなされて目を

覚ます。

すると、

ドラの身に不気味な怪奇現象が次々に

襲い掛かり、ドラは発狂しかけるが、

その全てはドラ悪夢だったのであった。

 

翌朝、

仕事に出発するブルーノを、

ドラが窓越しから見送る中、

突然、窓に備え付けてあった

シャッターの紐が千切れ、

シャッターがドラの頭上へと

落下してくるが、間一髪のとこ

ろでドラはシャッターを避けて、

大事には至らなかった…

 

ところが、

家の中では怪奇現象が増加…

マルコの行動も常軌を逸脱し、

それによってドラの精神が崩壊

していくのだった…

2.ザ・ショックのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日:1979年7月28日

上映時間:93分

監督:マリオ・バーヴァ

脚本:ランベルト・バーヴァ

製作:テューリ・ヴァーシル

主演者:

ダリア・ニコロディ  

ドラ 役

デヴィッド・コリン・Jr 

マルコ 役

イヴァン・ラシモフ→ 

カルロ 役

※トリビア

ザ・ショックは、

 マリオ・バーヴァにとって

 遺作となってしまった。

 

3.ザ・ショックの感想やネタバレなどを紹介

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.ザ・ショックの感想

ドラが元夫と共に暮らしたかつての邸宅…

そこで巻き起こる数々の怪奇現象

その怪奇現象を通して、

ドラは封印していた過去の記憶を少し

ずつ取り戻していきます。

 

そして、

かつてこの邸宅付近で自ら命を絶った

元夫のカルロの驚愕の死の真相…

サスペンスタッチでジワジワと

ドラの過去があぶり出され、

ラストでカルロの死の真相が判明し、

物語は絶望的な結末に向かっていきます…

 

また、本作の見どころは

ジャパニーズホラーにも

多大な影響を与えたであろう

恐怖描写

特に、青白く腐った手が、

ドラの体を這いずり回るシーンや、

その手が砕け散るグロ描写

不気味で怖かったですが、

グロ描写に関しては、この

手が砕ける描写しか存在せず、

同じイタリアンホラー映画

ビヨンドのような残酷描写

期待していた自分にとっては、

少々、物足りなさを感じました。

出典:IMDb

※↑はドラの体を這いずり回る

  今の時代に見ても、この腐乱した

  はインパクトを感じさせます。

 

3-2.ザ・ショックの評価

評価 :3/5。

3/5点中

後世のジャパニーズ・ホラー

ホラー映画に影響を与えた作品

であることに間違いないです。

 

劇中の心霊現象のシーンでは、

“この描写、なんかの映画で見たな。”

と思えるシーンがいくつかありました。

 

ラストは後味悪いですが、

それに対比するような眩しい

マルコ君の笑顔が何とも言えない

胸糞の悪さを残してくれた、

イタリアンホラー映画です。

 

4.ザ・ショックこんな方にオススメ

イタリアンホラー映画

オカルト系のホラー映画、

サイコサスペンスのような

映画がお好きな方にオススメ

ができます。

 

まとめ

今回はザ・ショックを紹介しました。

 

後世のホラー映画に多大な影響を

与えたイタリアンホラー映画だけ

あって、恐怖描写はどこか他のホラー

映画で類似のものを見た感じに感じ

させられました。

 

ジワジワくるような

ジャパニーズ・ホラーのような

恐怖を味わえるイタリアンホラー映画

でした。

 

記事を最後まで読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。


オカルト・ホラーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました