デス·レース/自由を目指し武装した改造車を駆り生き残れ!SFアクション映画を紹介

出典:Amazon.co.jp

今回はデス·レースを紹介します。

 

本作は1977年に日本で公開され、

未だにカルトな人気を保つデス・レース

2000年のリメイク作品になります。

 

オリジナル版で登場したフランケンシュタ

インを、トランスポーターシリーズや

ワイルド・スピードシリーズで有名な

肉体派俳優ジェイソン・ステイサム

演じ、元々、シルヴェスター・スタローン

が演じていたマシンガン・ジョーを、

こちらもワイルド・スピードシリーズの

ローマン役でお馴染みの、タイリース・

ギブソンが演じています。

 

オリジナルのアホっぽさは無くなり、

登場する改造車の数々も、

マッド・マックスを彷彿させる造形で、

非常にカッコイイですし、

レースのシーンもアクション要素満載で、

ハラハラのSFアクション映画に仕上がっ

てます。

 

それでは詳しく紹介していきます。

 

1.デス·レースあらすじ紹介

2012年、アメリカは経済が崩壊…

 

犯罪が多発し、

刑務所の収容力は限界を超えていた…

 

そこで、

民間企業が営利目的で刑務所を運営…

 

ターミナル島刑務所は、

囚人たちによる金網ファイトをネット

中継し、絶大な人気を得ていたが、

すぐに飽きられてしまったため、

“デス・レース”と呼ばれる狂気

殺人レースを創造した…

 

元レーサーのジェンセン・エイムズは、

スージーと生まれたばかりの娘パーパー

の3人で、貧しいながらも、幸せな日々を

送っていた。

 

そんなある日、

覆面を被った見知らぬ男が、

ジェンセンの自宅に侵入し、

スージー刺殺する…

 

ジェンセンは妻殺しの濡れ衣を着せられ、

ターミナル島刑務所へと収監され、

やがて、ターミナル島刑務所の女所長

ヘネシーのもとへと連れて行かれ、

“デス・レース”のレース中に死んだ、

覆面レーサー“フランケンシュタイン”

代わりに、ジェンセン“フランケンシュ

タイン”として、“デス・レース”に参戦す

るように促す…

 

最初は断ったジェンセンだったが、

“デス・レース”で優勝した暁には、

晴れて自由の身となることを約束され、

それを聞いたジェンセンは、

フランケンシュタインとして

“デス・レース”に参戦することを決意

する…

 

“デス・レース”に参戦するのは、

ターミナル島刑務所に在籍する囚人たち

で、ゲイの“マシンガン・ジョー”

中国系アメリカ人“14K”

反社会性人格障害者“死神グリム”

白人同盟リーダー“パチェンコ”

ナスカーの元レーサー“トラヴィス・コル

ト”などの9名。

 

レース当日、

9名はそれぞれ武装した改造車に乗り込

み、スタートラインに着くが、

そこへ、女子刑務所から移送されてきた

女性ナビゲーターたちが登場し、

各々の改造車へ乗車していく…

 

そして、

“デス・レース”の火蓋は切って落とされ

た…

 

レースは開始早々から熾烈さを増して

いき、地面に配置された“剣”のマーク、

“盾”のマークを車で踏むことによって、

改造車に搭載された機関銃などが使用でき

るようになる。

 

9名の囚人たちは我先にとマークを踏み、

武器ロックを解除しては、

搭載された機関銃ミサイルなどの兵器

を使い、競争相手の改造車鉄屑へと変

えていく…

 

そんな中、

ジェンセン“デス・レース”に妻を殺害し

た人物が参戦していること、妻殺しにヘネ

シー所長が関わっていることに気付く…

 

復讐に燃えるジェンセン“デス・レー

ス”で勝利し、妻の復讐を遂げることがで

きるのだろうか…

【中古】デス・レース / ポール・W.S.アンダーソン【監督】

価格:498円
(2021/8/25 09:57時点)
感想(0件)

2.デス·レースのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日:2008年11月29日

上映時間:110分

監督:ポール・W・S・アンダーソン

脚本:ポール・W・S・アンダーソン

原案:ポール・W・S・アンダーソン

製作総指揮:ロジャー・コーマン

主演者:

ジェイソン・ステイサム ジェンセン・エイムズ 役

タイリース・ギブソン マシンガン・ジョー 役

ナタリー・マルティネス ケース 役

ジョアン・アレン ヘネシー所長 役

ジェイソン・クラーク ウーリック 役

ロビン・ショウ 14K 役

ロバート・ラサード 死神グリム 役

マックス・ライアン パチェンコ 役

ジャスティン・マダー トラヴィス・コルト 役

※トリビア

・初代フランケンシュタイン“声”を、

 デス・レース2000フランケンシュタ

 インを演じたデヴィッド・キャラダイン

 が演している。

 

3.デス·レース感想やネタバレなどを紹介

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.デス·レース感想

本作は言わずと知れたカルト映画

デス・レース2000年のリメイク映画で

す。

 

オリジナルのアホっぽさや、

人を轢いたらポイントゲットなどの

クズ要素もなくなり、

劇中で登場する改造車の数々も、

どれもマッド・マックスを彷彿させる

ような、近未来的でカッコイイデザイン

になってます。

 

オリジナル同様に、

劇中の大半がレースのシーンなので、

中弛みには感じませんし、

何より改造車によるカーアクションシーン

は、CGだけでなく、実際にスタントを使

ってやっているので、迫力があり、疾走感

溢れるアクションを楽しむことができま

す。

 

しかし、

終盤にかけて多少勢いが失速していった

のは残念…

 

ですが、

オリジナルのカルトさを失ったことで、

比較的に幅広い方に楽しんでもらえるよ

うなSFアクション映画へと昇華されてい

ます。

 

3-2.デス·レース評価

評価 :3/5。

3/5点中

オリジナルと比較しても、

格段にアクションバイオレンスの描写が

パワーアップし、それに伴って、爽快感

え感じるハラハラのSFアクション映画

す。

 

ワイルド・スピードなど、

車を使ったアクション映画は多くあります

が、改造車機関銃ナパーム弾

ロケットランチャーを搭載して、

熾烈な死闘を繰り広げる映画は、

本作以外だとあまり見当たりません…

 

普通のカーアクション映画に飽きてきた

方は、間違いなく本作の鑑賞を推したい

です!!

【中古】デス・レース / ポール・W.S.アンダーソン【監督】

価格:498円
(2021/8/25 09:57時点)
感想(0件)

3-3.デス·レース2000年を紹介

デス・レース2000年は、

1975年にアメリカで公開された

カルト映画です。

 

主演のフランケンシュタインを演じたのは

クエンティン・タランティーノ監督の

キル・ビルで、ビル役で出演していた

デヴィッド・キャラダイン

 

また、

仇敵のマシンガン・ジョーを、

売れる前のシルヴェスター・スタローン

が演じてます。

 

アホっぽさ全開の映画で、

人轢いたらポイントゲットなど、

クズ要素も満載!!

 

上映時間80分と短いですし、

カルトチックな雰囲気を存分に

味わえる珍作です。

4. デス·レースこんな方にオススメ

ワイルド・スピードシリーズではお馴染み

ジェイソン・ステイサムタイリース・

ギブソンも出演しているので、ワイルド・

スピードが好きな方にもオススメできます

し、SFアクション映画アクション映画

好きにもオススメができます。

 

まとめ

今回はデス·レースを紹介しました。

 

囚人たちが自由を求め、

各々が武装を施した改造車

熾烈な死闘を繰り広げる“デス・レース”

 

中弛みにしない、

ハラハラのカーアクションシーンは最高

ですし、上映時間110分でありながら、

時間を気にせず、最後まであっという間に

鑑賞ができます。

 

気になる方は、

是非、チェックしてみて下さい。

 

記事を最後まで読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。


オカルト・ホラーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました