バーチュオシティ/シリコン人間VS警官の死闘を描いたSFアクション映画を紹介

出典:amazon.co.jp

今回はバーチュオシティを紹介します。

 

近未来のロサンゼルスを舞台に、

シリコンで出来た肉体を手に入れた

シド6.7(200人にも及ぶ凶悪犯罪者の人格

を合成して作られた犯罪者)と元ロス市警

の警官との死闘を描いたSFアクション映

です。

 

シド6.7を演じているのは、

グラディエーターアカデミー主演男優賞

を受賞したラッセル・クロウ

シド6.7を追跡する元警官のパーカーを演

じているのは、同じくアカデミー主演男優

を受賞した経験がある、デンゼル・ワシ

ントン

 

それでは詳しく紹介していきます。

 

1.バーチュオシティあらすじ紹介

1999年、

凶悪犯罪に備えて、

政府はLETEC(警察技術研究所)を創設、

仮想現実の世界で、200人にも及ぶ凶悪

犯罪者の人格を合成して作られたシド6.7

を相手に、囚人たちを利用して警官の安全

を守るための訓練を行わせていた。

 

元ロス市警のパーカー・バーンズは、

相棒のドノバンと共に仮想現実の世界で、

日本食レストランに逃げ込んだシド6.7

追い詰めるも、相棒のドノバンシド6.7

によって殺害され、パーカー自身も腕を撃

たれてしまうが、パーカーシド6.7に傷

を負わせることに成功するのだった。

 

だが、

仮想現実ソフトの設計ミスで、

現実世界に急遽戻されたパーカー

ドノバン

 

この時のショックで、

ドノバンは現実世界でも死亡してしまう。

 

そんなある日、

シド6.7を開発したダリル博士が、

シド6.7にそそのかされたことで、

ダリル博士は研究員のクライドをだまし、

クライドの発明した技術を応用して、

シド6.7現実世界へ転生させる…

 

シリコンで出来た肉体を手に入れ、

シリコン人間となったシド6.7は、

手始めにクライド殺害

 

続けて、

肉体の再生状況を確かめるために、

メスで自らの指を切り落とすと、

指の切断面をガラスに近付ける…

 

すると、

ガラスの分子を吸収しながら、

みるみるうちに切断された指が再生され

てしまう…

 

シド6.7はその後に服と靴を入手すると、

ロサンゼルスの街へと姿を消すのだった…

 

この非常事態に慌てたLETEC(警察技術研

究所)は、仮想現実の世界で唯一、

シド6.7にケガを負わせた元警官の

パーカーに対し、特赦を与える代わりに、

シド6.7抹殺を命令される。

 

早速、

パーカーは犯罪心理学者のマディソン

共に、シド6.7の行方を追い始めるが、

シド6.7はそんな二人を嘲笑うかのよう

に、街中で凶悪犯罪に手を染めていく…

 

そんなシド6.7を、

パーカーはナイトクラブで追い詰め、

シド6.740発もの銃弾を浴びせるが、

結局、シド6.7に逃走を許してしまった

挙句、パーカーは殺人の濡れ衣まで着せ

られてしまう…

 

シド6.7によって、

パーカー自身が警察に追われる身となって

しまったが、シド6.7との決戦は、目前に

迫っていた…

バーチュオシティ【Blu-ray】 [ デンゼル・ワシントン ]

価格:1,100円
(2021/9/30 18:32時点)
感想(0件)

2. バーチュオシティのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日:1996年6月8日

上映時間:106分

監督:ブレット・レナード

脚本:エリック・バーント

製作:ゲイリー・ルチェシ

製作総指揮:ハワード・W・コッチJr

主演者:

デンゼル・ワシントン パーカー・バーンズ 役

ラッセル・クロウ シド6.7 役

ケリー・リンチ マディソン 役

スティーブン・スピネラ ダリル博士 役

ウィリアム・フォーサイス ウィリアム・コクラン 役

※トリビア

デンゼル・ワシントンラッセル・クロ

 は、2008年日本公開のアメリカン・

 ギャングスターで、再共演している。

 

3. バーチュオシティ感想やネタバレなどを紹介

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.バーチュオシティ感想

ターミネーターロボコップのような、

SFアクション映画好きであれば、

本作に登場するシリコン人間(シド6.7)

の描写は、面白く感じるのではないで

しょうか。

 

ターミネーターロボコップと違う点は、

シド6.7肉体がシリコンで出来ているた

め、ガラスの分子を吸収して、破損した肉

体を再生することができ、

切断した指をガラスで再生させるシーン

や、ショットガンで粉砕した手をガラス

で再生させるシーンなど、これまでに見た

ことない設定とその描写はなかなか面白か

った。

出典:IMDb

※↑はシド6.7がバラバラになった肉体を、

 ガラスの破片を吸収して、

 再生させようとしているところ。

 

しかし、

CGのシーンがチープで、

当時の最新の映像技術とは言え、

今観ると見劣りを感じる…

 

面白くないわけではないので、

今こそリブートされて欲しい

SFアクション映画です。

 

3-2.バーチュオシティ評価

評価 :3/5。

3/5点中

正直、普通と言った感じの作品…

 

ガラスで肉体を再生することができる

シド6.7の描写は、目新しい感じは

したが、それ以外は普通

 

序盤の仮想現実の世界の中で登場する

日本食レストランの異様な雰囲気や、

ラッセル・クロウ怪演は、

本作でしか味わえないので、

気になる方は要チェックの

SFアクション映画です。

バーチュオシティ【Blu-ray】 [ デンゼル・ワシントン ]

価格:1,100円
(2021/9/30 18:32時点)
感想(0件)

4.バーチュオシティこんな方にオススメ

SFアクション映画SF映画が好きな方に

オススメが出来ます。

 

まとめ

今回はバーチュオシティを紹介しました。

 

本作は、シリコンで出来た肉体を手に入れ

シド6.7(200人もの凶悪犯罪者のデータ

を合成して作られた)と凄腕の警官との

を描いたSFアクション映画です。

 

妙なテンションのラッセル·クロウ

ガラスで肉体を再生させるシーンなど、

なかなか面白い描写の多い作品です。

 

気になる方は、

是非、チェックしてみて下さい。

記事を最後まで読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。


オカルト・ホラーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました