キャビン·フィーバー2/今度はプロムが舞台…名作の感染パニック映画の続編を紹介

出典:Amazon.co.jp

今回はキャビン·フィーバー2を紹介しま

す。

 

前作は山奥のキャビンを舞台に、

大学卒業間近の学生たちが、

“謎の感染症”“田舎の住人たち”

死闘に巻き込まれる様を、

ブラックコメディ仕立てに仕上げた、

大ヒット感染パニック映画でした。

 

本作はそんな名作と言っても過言ではな

前作キャビン・フィーバーの正統的

な続編にして、山奥のキャビンから、

高校生活の最後を祝う“プロム”が舞台と

なっています。

 

それでは詳しく紹介していきます。

 

1.キャビン·フィーバー2あらすじ紹介

森の奥のキャビンで、

大学生活最後の夏休みを楽しむはずだった

ポールカレンジェフマーシー

バートの5人の大学生たちだったが、

キャビンの中で“謎の感染症”が流行…

 

大勢の死者を出した…

 

しかし、

感染症に罹り、死んだはずだったポール

が息を吹き返すのだが、感染症の影響で、

ポール皮膚はドロドロに溶け始めて

いた…

 

ポールはヨタヨタと森の中を歩き、

何とか車道まで出るのだが、

道を走っていたスプリング・フィールド

高校のスクールバスに撥ねられてしまい、

ポール肉体はグチャグチャに砕け散る

のだった…

 

“謎の感染症”の蔓延対策を行っていた

ウィストン保安官が現場に駆け付けるが、

バスに撥ねられて、もはや原型を留めてい

ないポールの死体を見て、“鹿の死体だ”

と言ってバス運転手を落ち着かせるが、

後にウィストン保安官は、道に転がって

いた肉片の付いたポールの靴を発見した

ことで、バスが轢いたのは鹿ではなく、

人だったのだと知る…

 

そんなことがあって、

ウィストン保安官は仕事後に、

町のカフェでパンケーキを食べていたが、

突然、隣に座っていた客の男が床に倒れて

苦しみ出し、皮膚が溶けて、血が噴き出し

はじめる…

 

一部始終を間近で見ていたウィストン保安

は、驚いてそのまま店を退店するが、

倒れた客の男が、“ダウン・ホーム・ウォ

ーター”と刺繍が入った作業着を着ていた

ことを思い出し、最初の感染者の死体が、

貯水池で発見されていたことに気付く…

 

なんと、

最初の死体が発見された貯水池の水は、

“ダウン・ホーム・ウォーター”として、

スプリング・フィールド高校をはじめ、

町のいたるところで配布されていたほか、

今や全米へと供給されようとしていたの

だった…

 

ウィストン保安官は、

すぐに“ダウン・ホーム・ウォーター”

製造工場へと向かい、出荷を止めさせよ

うとするが、工場の外には防護服を着た

大勢の警官たちが現れ、工場の従業員を

銃殺

 

間一髪のところで、

ウィストン保安官は工場から脱出する

のだった…

 

一方…

町では高校生活の最後を祝って、

盛大な“プロム”が開催され、

大勢の高校生で賑わっていたが、

プロム会場の外には、

防護服を着た警官たちが

プロムの会場を閉鎖…

 

さらに、

会場の外へ出ようとする者は、

即座に射殺されてしまった。

 

そんな中、

プロム会場の中では、

“謎の感染症”が蔓延し、

阿鼻叫喚の地獄絵図と化していた…

 

何とか感染を免れた、

高校生のジョンキャシーアレックス

の3人は、会場から生きて脱出するため、

行動を開始するのだが…

【SALE】【中古】DVD▼キャビン・フィーバー 2▽レンタル落ち【ホラー】

価格:740円
(2021/9/28 14:30時点)
感想(0件)

2.キャビン·フィーバー2のキャスト・スタッフ紹介

日本公開日:劇場未公開作

上映時間:86分

監督:タイ・ウエスト

脚本:ジョシュア・マルキン

   ランディ・パールスタイン

製作:ローレン・モウズ

製作総指揮:スーザン・ジャクソン

主演者:

ライダー・ストロング ポール 役

ノア・セガン ジョン 役

アレクシー・ワッサー キャシー 役

ラスティー・ケリー アレックス 役

ジュゼッペ・アンドリュース ウィストン保安官 役

※トリビア

・前作から引き続きポール役の

 ランダー・ストロングウィストン保安

 役のジュゼッペ・アンドリュースが続

 投してます。

 

3.キャビン·フィーバー2感想やネタバレなどを紹介

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.キャビン·フィーバー2感想

大ヒットしたキャビン・フィーバーの続編

ですが、続投しているのは、前作で主人公

だったポールダメ保安官のウィストン

み。

 

しかも、

ポールは映画開始直後に、

スクールバスに轢かれて粉々に砕け散り、

早々に映画からフェードアウトしていき

ます。

 

さらに、

グロ描写で力が入っていたのは、

このスクールバスで轢かれるシーンのみ…

 

他は口から血が噴き出るぐらいで、

グロくも怖くも感じなかった…

 

また、

前作では“謎の感染症”の恐怖以外に、

よそ者を嫌う排他的な田舎の住人たちが

登場し、ポールが生存を賭けて、

住人たちと死闘を繰り広げる

バイオレンス描写もあって、

個人的には非常に楽しめたのだが、

本作ではその“人間の怖さ”が一切ない…

 

本作は期待外れに終わってしまった

感染パニック映画だが、

多少のエロティックなシーンや、

オープニングとラストのシーンで、

アニメーションを使ったシーンがあり、

その点は目新しく感じられて良かった。

 

3-2.キャビン·フィーバー2評価

評価 :2/5。

2/5点中

前作のようなハラハラの展開がなく、

グロ描写バイオレンス描写

全てにおいて劣化してます…

 

せっかく、

プロムという人で溢れ返る舞台を用意して

いるのにも関わらず、人が死ぬ描写は口か

ら血を流して死ぬ程度…

 

ホラー好きには物足りない…

 

若干のエロティックシーンがある点は、

男性諸君には朗報かもしれないが、

前作の面白さを期待して鑑賞すると、

肩透かしを喰らうこと間違いなしの、

感染パニック映画です。

 

【SALE】【中古】DVD▼キャビン・フィーバー 2▽レンタル落ち【ホラー】

価格:740円
(2021/9/28 14:30時点)
感想(0件)

3-3.前作キャビン・フィーバーを紹介

キャビン・フィーバーは、

2005年に日本で公開された感染パニック

映画です。

 

監督は俳優としても活動している

イーライ・ロス!

 

キャビン・フィーバーは、

そんなイーライ・ロスにとって、

初の長編映画でした。

 

山奥のキャビンに出掛けた大学生の若者

たちだったが、彼等に前代未聞の感染症

が襲い掛かり、一人また一人と感染症

影響で体を腐らせて死んでいく…

 

そして、

脅威は感染症だけではなかった…

 

恐ろしい感染症の噂を嗅ぎ付けた、

田舎の住人たちが、

感染症を封じ込めるために、

若者たちに襲い掛かるのである…

 

スプラッター描写あり、バイオレンス描写

ありの、オススメ感染パニック映画です

👇

4.キャビン·フィーバー2こんな方にオススメ

ホラー映画パニック映画が好きな方に

オススメができます。

 

まとめ

今回はキャビン·フィーバー2

紹介しました。

 

大ヒットした前作からの直後の物語で、

今度はキャビンからプロムの会場へと

舞台を変え、大勢の人が感染症によって

死んでいく感染パニック映画です。

 

興味がある方は、

是非、鑑賞してみて下さい。

 

記事を最後まで読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。


オカルト・ホラーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました