P2/狂人警備員との鬼ごっこ…ソリッドシチュエーション系バイオレンス映画を紹介!

出典:IMDb

今回ご紹介するのはP2になります。

 

クリスマス・イヴの夜。

地下駐車場で狂人警備員との

地獄のような鬼ごっこを描いた、

名作のソリッドシュチュエーション系

バイオレンス映画になります…

 

手に汗握る展開の連続で、

オススメの映画です。

 

それでは詳しく紹介していきます…

 

1.P2あらすじ紹介

クリスマス・イヴの夜。

遅くまで仕事をしていたアンジェラ

やっと仕事を片付けて、

家族と共に夕食を楽しむため

車が停めてある地下2階の

駐車場まで向かう。

 

エレベーターで移動中に

アンジェラの帰りを待つ家族から

電話が掛かってくるが、

地下へと移動するエレベーターだったため

途中で電波が切れてしまう…

 

仕方なく地下駐車場の自家用車に

乗り込むが、エンジンがかからず車の

中で立往生してしまう…

 

タクシーで帰ろうと思ったアンジェラ

地上へ続く通路に行こうとするが、

ドアにはカギがかかっていて

開くことができなかった…

 

アンジェラは最後の頼みの綱として

駐車場の警備室へ行き、

警備員のトーマスに話しかける。

 

アンジェラトーマス

“地上でタクシーを呼んでもらえないか?”

と頼むが、トーマス

“クリスマスだしタクシーはなかなか

捕まらない、充電用バッテリーで車を

修理できるかもしれない”

アンジェラに伝えて、アンジェラ

自家用車の方まで案内させる。

 

トーマスは充電用バッテリーを車に繋げて

エンジンをかけようとするが、

結局エンジンはかからなかった…

 

アンジェラは諦めてトーマス

地上に行くエレベーター室の

ドアを開けてもらい、アンジェラ

エレベーターに乗り地上の

エントランスホールまで上がると、

タクシー会社に電話をして迎えに来て

もらうように伝える。

 

しばらくして、

タクシーが会社前に到着し外へ出ようと

するが、今度はエントランス入口のドアに

カギがかかり開かない…

 

ビル警備員のカールを呼ぶが、

先ほどまでいたカールが何処にもいない…

 

地下2階まで戻ったアンジェラだったが、

何者かに電気を消されたため辺りは真っ暗…

携帯の灯りを頼りに警備室まで移動するが、

移動中に足を引っかけてしまい

転倒してしまう…

 

慌てて携帯を拾い上げた直後、

突然背後に現れた何者かに気絶させられ、

連れ去られてしまう…

 

アンジェラは目を覚ますと

そこにはサンタの恰好をした

警備員のトーマスがいて、

アンジェラの足首は逃げられないよう

鎖で繋がられていた…

 

そして、トーマスアンジェラ

恐ろしい本性を露わにしていく…

 

2.P2キャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 2008年5月10日

上映時間:97分

監督: フランク・カルフーン

脚本: アレクサンドル・アジャ

    フランク・カルフーン

製作: アレクサンドル・アジャ

主演者:

レイチェル・ニコルズ → アンジェラ 役

サイモン・レイノルズ  パーカー 役

フィリップ・エイキン  カール 役

ウェス・ベントリー  トム 役

※トリビア

・本作の脚本と製作には、

 ヒルズ・ハブ・アイズ

 アレクサンドル・アジャが携わっている。

 

3.P2感想やネタバレなどを紹介

出典:IMDb

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.P2感想

本作はサスペンス映画だと

世間一般的に言われているようですが、

個人的にはソリッドシチュエーション

展開される、バイオレンス映画という

印象でした…

 

警備員のトーマス異常なまでの

自己愛性者で、ひたすら一方通行な

会話をする痛いトーマスに、

若干コミカルさは感じたが、

徐々にトーマスの行動に

バイオレンスさが増してくると、

アンジェラにセクハラをした上司を

アンジェラの目の前でボコボコに殴打

顔面は血だらけ…

 

これだけでも十分痛ましいのに、

トーマスはトドメと言わんばかりに

車でアンジェラの上司を…

 

ここは本作きってのグロシーンでした…

 

終盤は地下駐車場でのカーチェイス

から直接の死闘

 

散々ひどい目に遭わした狂人警備員を、

ヒロインが完膚なまでにボコるという展開は

お決まりのバイオレンス映画な展開だった

けど、スカッとするリベンジを

アンジェラは披露してくれました。

 

3-2.P2評価

評価 :3/5。

3/5

ソリッドシチュエーションの映画なので

登場人物が限りなく少なく、

警備員トーマスの犠牲になる人物も

少ないが、先述した通り

バイオレンス描写グロテスク描写

エグイので、十分インパクトが残った

映画です。

 

改めてDVDのパッケージをよく見たら

R18指定のマークが…

 

↑はじめに気付けよ‼という話ですが、

想像以上のバイオレンスグロテスク

描写に途中で気付きました…

3-3.アレクサンドル・アジャのオススメの映画3本紹介

本作P2の製作に携わった

アレクサンドル・アジャ

オススメの映画を3本ピックアップ

してみました!!

 

どれも以前、

当ブログで紹介した作品なので、

気になるものがあればクリックしてみて

下さい!!

 

①ヒルズ・ハブ・アイズ

②ピラニア3D

③ハイテンション

どちらもオススメ作品なので、

是非、読んでいただければ嬉しいです!!

 

4.P2こんな方にオススメ

ソウシリーズのような

ソリッドシチュエーション映画が

お好きな方は気に入っていただけると

思いますし、バイオレンス描写

グロテスク描写もわりと

過激な映画なので、ハードな

バイオレンス映画好きには

堪らないのではないでしょうか…

 

まとめ

今回はP2を紹介させていただきました‼

 

ソリッドシチュエーションで展開される

バイオレンスグロテスクな描写に、

度肝抜かれるはず‼

 

最後まで油断の出来ない緊張感のある

バイオレンス映画です。

 

是非、ご視聴ください。

 

※本作はR18指定の映画なので、

 その点ご注意下さい!

 

記事を読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました