ゲット・アウト/怖くて笑えるオススメのスリラー映画を紹介

出典:IMDb

今回はゲット・アウトを紹介します。

 

本作ゲット・アウトはコメディアンの

ジョーダン・ピールによる、

初映画監督作品でありながら笑えるけど、

怖い映画として高い評価を得た作品でもあります。

 

オススメのスリラー映画です。

それでは詳しく紹介していきます…

 

1.ゲット・アウトあらすじ紹介

深夜、一人の黒人青年が郊外の

高級住宅街を歩いていると、

一台の車が青年の横を通り抜けて行った。

 

しかし、車はUターンして青年の後を付けてくる…

 

青年は無視を続けたが、車から降りてきた

“何者か”によって連れ去られてしまう…

 

黒人青年で写真家のクリス・ワシントン

恋人の白人女性ローズ・アーミテージ

彼女の実家で週末を過ごすため

車で彼女の実家へと向かう。

 

車内でクリスは親友のロッドに電話を入れ、

冗談を言って笑わせてくれるロッド…

“白人女の家には行くな”と冗談を

言い続けるロッドに呆れたクリスは

ロッドとの電話を切ってしまう。

 

その様子に隣で運転していたローズが

“ロッドが嫉妬してる”と笑う。

 

次の瞬間、誤って道路を横断してきた鹿を

跳ねてしまい、車を急停車させる…

 

パトカーが来る事態になり、

白人の警官が黒人のクリスに無礼な

行為を働き、クリスは不快感を示すが、

二人は無事にローズの実家へ到着する。

 

庭で黒人の管理人ウォルターに出迎えられ、

ローズの父ディーンと母親のミッシー

温かく迎えられたクリスは、

出発当初の不安感はなくなっていた。

 

ディーンに屋内を案内してもらう内に、

台所で使用人の黒人女性ジョージナ

出会うが、クリスはローズの実家に対して

違和感を感じ始める…

 

ディーンはそんなクリスを見透かし、

なぜ、白人の家に黒人の使用人を置いているのか?

理由をクリスに説明する。

 

そうこうしているうちに、

ローズの弟で医学生のジェレミー

実家に帰ってきた。

 

クリスはローズの一家と夕食を

楽しんだあと、ローズの部屋で一夜を過ごす。

 

だが、夜中に目覚めたクリスが

タバコを吸おうと外に出ると、

管理人のウォルターが家の周辺を

全力疾走していた…

 

同時に、窓ガラスに映る姿をジッと眺める

ジョージナを目撃…

 

二人の異常な行動にクリスは恐怖を感じるのだった…

 

家の中に戻ったクリスは、ミッシーから

部屋で意図せぬうちに催眠術を掛けられてしまう…

 

翌朝、ローズの実家でパーティーが

開催され、多くの年配の白人が集まる中、

黒人のクリスだけが注目の的…

 

クリス以外の黒人もいたが、

他の白人たち同様に、妙に様子がおかしい…

 

周囲の異様なまでの対応に、

クリスは不快感と不気味さから

ローズの実家から帰ろうとするが、

クリスの身に信じられない恐怖が

襲い掛かる…

 

『ゲット・アウト』予告編

2.ゲット・アウトのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 2017年10月27日

上映時間:104分

監督: ジョーダン・ピール

脚本: ジョーダン・ピール

製作: ジェイソン・ブラム

    エドワード・H・ハム・Jr

    ショーン・マッキントリック

主演者:

ダニエル・カルーヤ → クリス・ワシントン 役

アリソン・ウィリアムズ → ローズ・アーミテージ 役

リル・レル・ハウリー  ロッド 役

マーカス・ヘンダーソン  ウォルター 役

ブラッドリー・ウィットフォード → ディーン・アーミテージ 役

キャサリン・キーナー → ミッシー・アーミテージ 役

ベティ・ガブリエル → ジョージナ 役

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ → ジェレミー・アーミテージ 役

※トリビア

 ・監督のジョーダン・ピール

  コメディアンとして有名。

  MAD TVというコメディー番組に

  レギュラー出演していた。

 

MAD TV – Sad 50 Cent

↑はラッパー50セントのモノマネをする

 ジョーダン・ピール

  

3.ゲット・アウト感想やネタバレなどを紹介

出典:IMDb

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.ゲット·アウト感想

怖いけど、どこか笑えるシーンもあり、

最後までハラハラドキドキできる

スリラー映画でした。

 

年配の白人たちが、

なぜクリスに対して異様な執着を見せるのか?

 

また、白人たちと一緒にいる黒人たちも

なぜ白人の様な振る舞いをするのか?

予想を覆す真相でした…

 

クリスに対して白人たちが投げかける

思いやりのある言葉は、実は全く別の邪悪な意図があっての言葉だった…

 

人種差別を描きながらも、本作に登場する

白人たちは黒人をどこか崇拝している感じ

がして面白かったです。

 

これは黒人というより黒人の逞しい肉体

崇拝しているんですけどね…

 

3-2.ゲット・アウト評価

評価 :3/5。

3/5

序盤から中盤まで周囲の白人の異様な

対応に“コイツらの目的は何だろう?”

と考えられる事を色々推理していたが、

中盤以降でクリスが親友ロッドに送った

ある画像を元に、物語は一気に真相へと

進んでいった。

 

それくらいに物語に引き込まれる魅力が

ありました。

 

本作はスリラー映画なのだが、本作を

コミカルにしているのが親友ロッドの存在!!

 

電話越しでクリスを気にかけてくれるの

ですが、ロッドが出る度に自然と笑顔になれました笑

 

公開当時、観に行った映画館でもロッドの

セリフ回しで笑っている方がいたくらい

です…

 

また、終盤の絶対絶命の状況下で、

クリスがアーミテージ家から脱出を図る

が、この辺りのシーンはクリス対

アーミテージ家の激しい死闘が勃発し、

バイオレンス映画かと思う位の描写だった…

 

ラストは劇場版バージョンの

ノーマルエンディングと、

DVDだけに収録された

“バッドエンディング”の2種類あって、

劇場版のエンディングの方が

断然後味が良かったです。

 

3-3.ブラムハウス・プロダクションズ製作の3作品紹介!

ここではゲット・アウトを製作した

ブラムハウス・プロダクションズ

作品を3本簡単に紹介したいと思います!!

 

マー

パージ

ハロウィン(2018年)

4.ゲット・アウトこんな方にオススメ

ハラハラドキドキのスリラー映画

お好きな方にもオススメできますし、

ブラックコメディー映画がお好きな

方にもオススメできます。

 

まとめ

今回はゲット・アウト

紹介させていただきました。

 

ジョーダン・ピール初監督作品ですが、

期待を裏切らないオススメのスリラー映画

です。

 

視聴を強くオススメします!!

記事を読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました