ボア/血に飢えた巨大イノシシとの死闘を描いた動物パニック映画を紹介

出典:Amazon.co.jp

今回はボアを紹介します。

 

オーストラリアの田舎町を舞台に、

血に飢えた巨大イノシシと人間との

死闘を描いた動物パニック映画です。

 

出演者の中には悪魔のいけにえ2で、

レザーフェイスの兄弟チョップトップ

を演じたビル・モーズリーや、

マッド・マックスマックスの上司の

フィフィ隊長を演じたロジャー・ワード

などが出演しており、映画好きなら思わず

ニヤリとしそうな顔ぶれです!!

 

そんな本作を詳しく紹介していきます。

 

1.ボアあらすじ紹介

オーストラリアの田舎町。

 

夜の道路を一組の夫婦を乗せた車が走って

いたが、運転中に道路へウサギが飛び出し

たことで、運転手は車を急停車させる…

 

車はウサギを轢き殺さずに済んだが、

同時に、大勢のイノシシが“何か”から

走って逃げている光景を夫婦が目撃…

 

その瞬間、

夫婦を乗せた車に向かって、

得体の知れない巨大な怪物が激突し、

夫婦を乗せた車は大破してしまう…

 

1年後…

マンロー一家は、身内のバーニー・マンロ

と再会するために、バーニーが経営する

農場へと車を走らせていた。

 

マンロー一家は、

無事にバーニーが経営する農場に到着する

と、バーニーは温かくマンロー一家を自宅

に招き入れる…

 

その日の夜、

バーニーが経営する農場からほど近い所に

ある、パターソン農場で、農場主のオスカ

ー・パターソンが、飼い犬のウィスキー

探している際中に、巨大な“何か”に襲われ

る…

 

別の日の夜も、

キャンプをしていた若いカップルが、

巨大な生物に喰い殺される悲惨な事件が起

こっていたが、丁度その様子を、ハンター

ケンブルーの老人二人組が目撃してい

た…

 

カップルを襲っていたのは、

サイほどもある巨大な“イノシシ”だったの

だった…

 

ブルーが遠くから、

このサイのような化物イノシシに、

ライフル銃を発砲するが、

弾丸が当たったにも関わらず、

この巨大なイノシシに逃げられてしまう…

 

イノシシの襲撃に備え、

ライフルに弾丸を装填しようとするが、

ケンライフルの弾丸を、

車のダッシュボードの中に、

置き忘れていることに気付く…

 

慌てたケンブルーに頼み、

車から弾丸を取りに行ってもらうのだが、

車へ向かっている途中で、

ブルー巨大イノシシの襲撃に遭遇…

 

ブルーは健闘も虚しく、

殺害されてしまう…

 

その頃、

ケンはカップルが惨殺されたキャンプ地を

調べていると、もう一つのテントの跡を発

見したことで、ケンはもう一組のカップル

を探しに森の中へと入る…

 

だが、

ブルーを殺して戻って来た巨大イノシシ

に遭遇…

 

ケンまでも殺害されてしまう…

 

人間の“血”の味を覚えた巨大イノシシは、

次々と人間の死体の山を築き上げ、

遂にその脅威はマンロー一家や、

バーニーにまで差し迫っていた…

 

生きるか知るかの極限の状況下で、

人間対巨大イノシシ壮絶な死闘が始ま

る…

2.ボアのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日:劇場未公開

上映時間:96分

監督:クリス·サン

脚本:クリス·サン

   クリスティ·ダラーズ

製作:クリス·サン

   クリス·マリック

   クリスティン·バズビー

主演者:

ネイサン·ジョーンズ バーニー・マンロー 役

シモン·ブキャナン デビー·マンロー 役

ビル·モーズリー ブルース 役

ジョン·ジャラット ケン 役

ロジャー·ワード ブルー 役

メリッサ·トカウツ サシャ 役

ヒュー·シェリダン ロバート 役

※トリビア

·ケン役のジョン·ジャラットは、

オーストラリア産猟奇スプラッターホラ

ー映画ウルフ·クリークイカれ殺人鬼

ミック·テイラーの役で有名。

3.ボア感想やネタバレなどを紹介

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.ボア感想

オーストラリアの田舎町に突如として現れ

た、巨大イノシシと人間との死闘を描いた

本作。

 

とこどころのシーンで安っぽいCGが使わ

れていたので、その点で冷めてしまう箇所

があったが、登場する巨大イノシシが、

極力CGを使うのを避けて、アニマトロニ

クスなどを駆使して描かれているので、

ちゃんとそこに実在していると言った

リアリティーはあった。

 

だが、

この巨大イノシシ、見た目がもののけ姫

乙主様(おっことぬしさま)のまんまだった

ので、恐怖感と言うよりは既視感の方が

強かった。

出典:IMDb

 

良かった点は、

この乙主巨大イノシシの暴走が、

物語が進行するほどに過激さを増してい

き、スプラッター映画さながらのグロシー

もあって、ホラー映画好きにもなかなか

楽しんでもらえるのではないだろうか…

 

しかし、

後半あたりから勢いが失速

ネイサン·ジョーンズ演ずるバーニーと、

巨大イノシシとのタイマンシーンがあり、

さぞ面白くなると思いきや、アクション

シーンに張りがなく、雄叫びを上げたバー

ニーが、一方的に巨大イノシシをボコって

るようにしか見えず、しかも、バーニーが

牙で腹を裂かれる大怪我を負っても、

なお果敢に立ち向かうシーンは勇ましいと

言うか、見ていて不自然さを感じる…

 

ラストも動物パニック映画あるあるの、

次があるような匂わせな感じで終わらせて

くるのも…

 

もうちょっと、捻りを効かした作品を

作れなかったのだろうか…

3-2.ボア評価

評価 :2.5/5。

2.5/5点中

動物パニック映画として、

巨大イノシシの造形や、

巨大イノシシによる人間の殺戮シーン

迫力や過激さがあってよく、ケンブルー

の仲良し二人組による、放課後の男子学生

を彷彿させる男子トークにはほのぼのさせ

られたが、バーニーマーニー一家が

巨大イノシシと対峙したあたりから勢いが

失速

 

ラストもお決まりの締めだったのも…

 

序盤から中盤はそこそこ楽しめますが、

終盤あたりからダラダラになってしまっ

た惜しい作品です…

4. ボアこんな方にオススメ

動物パニック映画、ホラー映画好きに

オススメできます。

 

また、

映画ファンならニヤリさせられる出演陣

(マッド・マックスマックスの上司を

演じたロジャー・ワード悪魔のいけにえ

2ビル・モーズリーなど…)

なので、そこを見たい人にもオススメ

です。

 

まとめ

今回はボアを紹介しました。

 

血に飢えた巨大イノシシとの死闘

描いた本作…

 

巨大イノシシが人間を殺戮していくシーン

は、スプラッター映画さながらの過激さ

や、映画ファンなら思わずニヤリとさせら

れる出演者にも注目の、動物パニック映画

です。

 

興味があれば、

是非、視聴してみて下さい!!

 

記事を最後まで読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。


オカルト・ホラーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました