ブロークン・アロー/ジョン・ウーによる激アツなアクション映画を紹介!

出典:IMDb

今回紹介するのはブロークン・アロー

 

ジョン・ウー監督による

激アツアクション映画になります。

 

未見の方は、

今すぐチェックです!!

 

1.ブロークン・アローあらすじ紹介

ヘイル大尉ディーキンス少佐

ボクシング風景から物語は始まる。

 

ヘイル大尉の応戦も虚しく、

ディーキンス少佐に軍配が上がった。

 

ボクシング後、

ヘイル大尉ディーキンス少佐

核弾頭を搭載した最新鋭ステルス機による

低空国境越境の模擬演習に向かう。

 

しかし、

ディーキンス大尉は搭載された2基の

核弾頭を強奪しようと企んでいて、

スキをついたヘイル大尉を銃で殺害し

ようとするが失敗…

 

もみ合いの末、ヘイル大尉を緊急脱出させ、

一人ステルス機に残ったディーキンス

大尉は、核弾頭を地上へ投下させ

自らも墜落寸前のステルス機から脱出する

のだった…

 

なんとか砂漠地帯へ落下したヘイル大尉は、

ステルス機の墜落を目撃した

公園監視員のテリーに協力を仰ぎ、

核弾頭とディーキンス大尉の行方を追う…

 

※ブロークン・アロー(核兵器の紛失を意味する言葉です。)

Official Trailer: Broken Arrow (1996)

2.ブロークン・アローのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 1996年3月16日

上映時間: 108分

監督: ジョン・ウー

脚本: グレアム・ヨスト

音楽: ハンス・ジマー

主演者:

クリスチャン・スレーター → ライリー・ヘイル大尉 役

ジョン・トラボルタ  ヴィック・ディーキンス少佐 役

サマンサ・マシス  テリー・カーマイケル 役

※トリビア

・監督のジョン・ウーにとって、

 ハリウッド進出第2弾の作品になり

 ます!!

 

・脚本家のグレアム・ヨストは初の映画

 脚本であるスピードを書きあげ、

 世界的大ヒットに導きました!!

 

 ちなみに映画脚本の第2弾が

 このブロークン・アローなわけです。

 

3.ブロークン・アロー感想などを紹介

出典:IMDb

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.ブロークン・アロー感想

個人的にはジョン・ウー

ハリウッド作品の中では1~2位を

争うほど好きな作品になります。

 

物語の進行が中だるみせずに

テンポよく進みますし、

盗まれた核弾頭を奪還しに行く

それだけの物語なので、

難しく考えることもなく観れます。

 

また、

本作はクリスチャン・スレーター

ジョン・トラボルタによる負けられない男

同士の激アツな戦いがひたすらにカッコイイ作品です。

 

特にジョン・トラボルタ

主役のクリスチャン・スレーター

完全に食ってました!

 

主役のクリスチャン・スレーターよりも

悪役のジョン・トラボルタが印象に残ってます。

 

まさに90年代を代表する

アクション映画ではないでしょうか。

 

3-2.ブロークン・アローに登場した銃3つ紹介

1.ベレッタ93R

出典:IMDb

劇中終盤になってディーキンスヘイル

相手に使用しておりました。

 

見た目は普通のベレッタですが、

3連射の射撃が可能で装弾数も20発入りのマガジンが使えるほどです。

 

ディーキンスは主に片手で撃って

おりましたが、射撃を安定させるために

ショルダー・ストックも付属されています…

 

単発式のハンドガンというよりは

もはやマシンガンです 笑

 

ただこれは非常に印象に残った銃で、

友人に本作の鑑賞を勧めてそれが縁で

ベレッタ93Rのモデルガンを買ったみた

いです 笑

 

それくらい人によってはカッコイイと思える銃なのではないでしょうか。

 

2.レミントンM870

劇中終盤のシーンでディーキンス

仲間ケリーが派手に撃ちまくってました。

 

装弾数は4~8発ですが、劇中ではそれ以上に撃ってる感じがしました 笑

 

レミントンM870は他のアクション映画

などでもよく見かける銃だと思います。

 

私も以前、タイに行ったときに撃った経験があります!

 

撃ったときの反動はすさまじく、

肩が外れるかと思いました。

 

あとで肩を確認したら

アザになってたくらいです…汗

 

ちなみに一緒にいた友人は、

アサルトショットガンなるものを撃ったの

ですが、その後の彼がどうなったかは想像にお任せいたします…

 

3.M4A1&M203

アサルトライフルの銃身下に

グレネードランチャーを装着したものです。

 

こちらも劇中終盤にヘリでやってきた

ヘイルが、ディーキンスたちに対抗する

ために持ってきたものと思われます。

 

登場シーンは少ないですが、

見た目がカッコイイので

個人的には気に入ってます。

 

このM4A1&M203もわりと

他作品に頻繁に登場していて、

SF映画の金字塔プレデターにおいても

主人公のダッチが使用していました。

 

3-3.ブロークン・アローのサントラを紹介

Broken Arrow soundtrack-Theme Song(Hans Zimmer)

ブロークン・アローが好きな理由の一つに

この映画のサントラが上げられます。

 

現行の映画ではまず使用されないような

サントラですが、ザ・90年代といった感じが好きです…

 

通勤のしんどい時間帯に聴くなどして

テンションを上げるのに役立てています 笑

 

実はこのテーマ曲、

スクリーム2の劇中でもパロディで

使用されているので、気になる方は是非こちらも視聴してみてください!!

 

3-4.核兵器を扱った映画3本紹介

今回紹介したブロークン・アロー以外にも、

核兵器を扱った映画で個人的に面白かった映画を3つほど上げてみました。

 

1.ゴジラ(1998年版 ローランド・エメリッヒ監督作)

 

2.ターミネーター2

サラの夢の中のシーンで登場、

公園で楽しく過ごす人々を一瞬にして

黒焦げにし、その後の衝撃波で人体を粉々にするシーンでした…

 

普通に文字化して説明してもかなりエグイです 笑

 

このシーンも子供時代に普通に観ていた

おかげで、悪夢にうなされた経験があります…

 

特に燃えながらフェンスにしがみつき、

悲鳴を上げるサラ・コナーの姿に

子供ながらドン引きしていました…笑

 

今となっては、普通に観れますが…

 

3.ヒルズ・ハブ・アイズ(2006年版 アレクサンドル・アジャ監督作)

3-5.「ブロークン・アロー」評価

評価 :3/5。

3/5

B級アクション映画ですが、

90年代を代表するアクション映画だと思えます!

 

特にジョン・トラボルタ好きな方は観なきゃ損ですよ!!

本作ブロークン・アローにおいても

ジョン・ウーの十八番、

スローモーションでの銃撃シーン

を期待してたのですが、

本作ではスローモーションシーンが

なかったのが少々残念でした…

 

それでもアクション作品として楽しめました!!

4.ブロークン・アローこんな方にオススメ!!

90年代のアクション映画や

その時代の映画好きな方なら

ブロークン・アロー

好きになっていただけるかと思います。

 

また、

アクション映画初心者の方でも、

ストーリーがシンプルなだけに、

わりと映画に没入しやすいかなと感じました!

 

まとめ

ブロークン・アロー

紹介させていただきました。

 

この映画、

普通にアクション映画としては

よくできた作品だと思います。

 

ジョン・ウーが監督だけに

銃撃シーンや格闘シーンに

並々ならぬこだわりを感じます…

 

アクション映画好きな方や

90年代当時の雰囲気を味わいたい方は

必見ですよ!!

 

記事を読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。


オカルト・ホラーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました