「壁の中に誰かがいる」ブラックコメディーなホラー映画を紹介!            

出典:IMDb

今回紹介させていただくのは、

ブラックコメディーホラー映画

「壁の中に誰かがいる」になります。

 

狂人夫婦?

が住むお家で鬼ごっこをするような

恐怖を体感下さい!!

 

1.「壁の中に誰かがいる」あらすじ紹介

スラム街の今にも崩れそうなアパートで、

母親と姉ルビーと妹の4人で暮らす

フールは心の優しい黒人の少年。

 

フールの母親は病気を患い、

部屋のベッドで一日中横になっている。

 

ある晩、

咳き込む母親を介抱しようと

ルビーが母親のベッドへと近付く、

すると母親はルビーに向かってこう呟く、

“ひどい家主で…”

フールも聞こうとするがルビー

“あんたはいいの”

と突き返されてしまう…

 

フールは部屋の隅に移動するが

人の気配を感じそこに目をやると、

見知らぬ男がタバコをふかして立っている…

 

男の名前はリロイ

ルビーの友人だと告げると、

リロイフール“あること”を言います。

 

それは

“家主から立ち退きを理由に、

アパートから追い出されそうになっている。”

というものでした…

 

はじめて知った事実に途方に暮れるフール

 

リロイはここぞとばかりに

ある仕事を持ち掛けます…

 

翌日になり

部屋にまたリロイがやってきて

金のことでルビーと何やら話をしています。

 

“悪いことはしない”と、

フールはきっぱりリロイの誘いを断りますが、

リロイフール

“お前の母さんは癌なんだ”

と告げます。

 

動揺するフールリロイは例の仕事

詳細を話はじめます…

 

それは、

悪い噂しか立たない家主の家に、

盗みに入るというものでした…

 

ルビーからはあの家主異常者だから

危険だと諭されますが、

リロイは一歩も引かず

あの家主金貨を持っていて、

盗みに入る価値が十分にあることを話はじめ、

“このまま家族が路頭に迷ってもいいのか?”

リロイフールに問いかけます…

 

ついにリロイスペンサーフールの3人組で

家主の家に盗みに入ることなり、

手始めにフールはボーイスカウトの恰好をし、

クッキーの入った紙袋を持って

家主の家へと向かいます。

 

家主の家に着いて呼び鈴を

鳴らすなどしているうちに

家主の妻が現れます。

 

フール

“クッキーを買ってくれませんか?”

家主の妻に聞きますが、

全く相手にされず家主の家の中にも入ることは

できませんでした。

 

その時、

フールは何気なく家の外観を見渡すのですが、

窓という窓に金網が張ってあり、

外側から南京錠まで付けられている

異様な雰囲気を漂わせていました…

 

それをリロイスペンサーに報告すると、

次はスペンサーが自ら家主の家に

行ってみることになりました…

 

スペンサーはガス会社の

社員の制服に身を包み、

家主の妻に言葉巧みに近づくと

何とか家の中に入ることに成功します‼

 

しかし、

しばらくするとスペンサーを家に一人残し、

家主家主の妻は車でどこかへ

出掛けて行きました…

 

それをバンの中で監視していた

リロイフールは不審に思います…

 

リロイスペンサー

金貨を横取りされると思い込み、

家主たちがいない今

フールを連れて家の中への侵入を試みます。

 

リロイは持っていたバールで、

裏のドアのガラス部分を叩き割り、

外側から鍵を開けます。

 

家の中に侵入し、

スペンサーを探し始める二人でしたが、

しばらくして家主たちが家に戻ってきました…

 

それは家主たちとの生死を賭けた

鬼ごっこの幕開けを意味していました…

 

The People Under The Stairs (1991) Trailer

2.<壁の中に誰かがいる>キャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 1992年4月11日

上映時間: 102分

監督: ウェス・クレイブン

脚本: ウェス・クレイブン

製作総指揮:ウェス・クレイブン

音楽: ドン・ピーク

特殊効果: ピーター・チェズニー

主演者:

 ブランドン・アダムス → フール 役

 ケリー・ジョー・ミンター  ルビー 役

 ヴィング・レイムス  リロイ 役

 ジェレミー・ロバーツ  スペンサー 役

 エヴェレット・マッギル → 家主 役

 ウェンディ・ロビー → 家主の妻 役

 A・J・ランガー → アリス 役

※トリビア

・本作「壁の中に誰かがいる」

 言わずと知れたホラー映画界の重鎮

 ウェス・クレイヴンが監督している。

 

・イカれた家主を熱演した

 エヴェレット・マッギルは、

 スティーブン・セガール主演の「暴走特急」で、

 凄腕の傭兵マーカス・ペンを演じている。

【暴走特急】ケイシーライバックにビビりまくる敵

3.「壁の中に誰かがいる」感想など

出典:IMDb

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.「壁の中に誰かがいる」感想

日本タイトルは「壁の中に誰かがいる」だが、

原題は<THE PEOPLE UNDER THE STAIRS>

訳すと<階段下の人たち>となる。

 

タイトルからして、

壁の中にいる“何か”

階段下に潜む得体の知れない

“バケモノ”に襲われそうな雰囲気が

あるタイトルだが、

主人公たちに襲い掛かってくるのは、

実際には武装した家主とその妻だ、

タイトルにあるような“誰か”とは、

家主とその妻に誘拐されてきた子どもたちが、

壁や階段下の地下で暮らすうちに

なぜかバケモノのような風貌に変貌した

人たちを指している。

 

地下に閉じ込められた人たちの主な主食は

人肉だと思われるが、

面白いことに主人公側に襲い掛かってくる

ようなシーンはなく、

本作において悪役という立ち位置ではない。

 

特に地下や壁の中で主に生活している

ローチは不気味な風貌のキャラクターだったが、

フールや家の中で出会う

美少女アリスを手助けしてくれる良い奴でした。

 

フールアリスを家主がショットガンやら

レーザーサイト付きのマグナムなどで

重武装して襲い掛かってくるのだから、

追われる方はたまったもんじゃない…

 

しかも、

この鬼ごっこのような追跡をするのに

家主がわざわざ全身をSMボンテージ姿で仮装して

襲い掛かってくるのには失笑…

確かに怖いシーンだが、

ブラックコメディーな感じもする。

 

3-2.「壁の中に誰かがいる」評価

評価 :3/5。

3/5

「ミッション・インポッシブル」シリーズで、

ルーサー・スティックル役で有名な

ヴィング・レイムス

青年リロイ役で出演しているのも面白い‼

 

物語後半から散々な目に遭わされたフールが、

家主やその妻をこてんぱんに叩きのめすので、

爽快感は感じるが、

個人的にはもっとボコボコにして

もらいたかった 笑

 

ホラー映画であることに間違いない作品だが、

ブラックコメディー要素も楽しめる

映画でした。

 

4.「壁の中に誰かがいる」こんな方にオススメ

30年程前の作品になりますので

多少の古臭さを感じるかもしれませんが、

90年代の雰囲気を味わえる作品になります。

 

劇中、

多少のグロシーンも存在しますが、

観るに堪えないレベルでもないので

大丈夫かと思います。

 

ホラー映画でもあり、

ブラックコメディー要素もある映画なので、

ホラー映画初心者の方には観やすいかと思います。

 

まとめ

今回は「壁の中に誰かがいる」

紹介させていただきました。

 

ホラー映画でありながら、

どこか笑える

ブラックコメディー映画でもあります!!

 

是非、

この機会にご鑑賞をオススメいたします。

 

※ランキングUPを目指していますので、

 クリックしていただければ嬉しいです♪

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました