サマー・オブ・84/隣人は連続殺人鬼かも?胸糞なホラー映画を紹介          

出典:IMDb

今回はサマー・オブ・84

紹介させていただきます!!

 

80年代の映画にオマージュを捧げた本作は、

“隣人は連続殺人鬼かもしれない”という、

若干ディスタービアと設定は似ていますが、

本作の方がホラー要素が強めな胸糞な映画になります…

 

1.サマー・オブ・84あらすじ紹介

“連続殺人鬼も誰かの隣人だ”

1984年6月オレゴン州のイプスウィッチ。

新聞配達のバイトをするデイビーは、

ポストに新聞を投函していく際に

何気なく新聞の記事に目をやる。

 

そこには“フリーポートの少年いまだ

失踪中”の文字…

巷では子供ばかりを狙った残忍な連続殺人

が話題になっていた。

 

すると隣人のマッキーが、

庭の方からやってくる。

 

マッキーにあいさつをすると、

デイビーは新聞の集金の件で話を

はじめる。

 

マッキー“物を運ぶ手伝いをしてくれる

ついでに払う”と言い、デイビーマッキー

手伝いを快く受け入れる。

 

マッキーの家の中に通してもらうと、

デイビーは家の中を見渡す。

 

家の中でマイキーから新聞代を受け取ると、

続けて古い家具を地下へ運ぶ手伝いをすることに…

 

地下まで家具を運んだところ、大きな物音

がしてそのはずみで家具から手を放してしまうデイビー

 

マイキーからは“湯沸し器の音だよ”

言われるが、デイビーは地下で南京錠の

掛かった怪しい部屋と暗室を目撃する…

 

家具を運び終えると、

マイキーデイビーに感謝の意を伝え

デイビーは新聞配達のバイトへと戻る。

 

夜、デイビーは友人たちと外で

懐中電灯を持ちながら仲間たちと

鬼ごっこをしていると、偶然デイビー

マッキーが家の中で知らない少年と話している姿を目撃する…

 

しかし、

デイビーが一瞬目を離した間に、

二人の姿は見えなくなっていた…

 

マッキーは家族と離れて暮らしているはず…

あの少年は誰だろう?”

 

デイビーはそんなことを思いながら

仲間たちと外で遊んだあと、

デイビーを含めた仲良し四人組や

他の鬼ごっこ仲間はそれぞれの家へと

解散する。

 

そしてある日の夜、

ニュースでは連続殺人鬼から新聞社宛に

犯人から犯行予告の手紙が届いた旨の

ニュースが大きく報道されていた…

 

四人は地元で起きた大事件として

犯人を独自に調査を開始する。

 

そんなある日、

デイビーが一人家で朝食を食べていると

何気なく牛乳パックに目をやる。

 

そこには行方不明の文字と行方不明者の

画像が貼られていたが、なんとその

行方不明の画像に写っている少年は、

数日前に夜の鬼ごっこ中にデイビー

マッキーの家で目撃した少年だったの

だった…

 

急いでこの事実をデイビーは仲良しの

友人たちに報告し、協力してマイキー

監視するが、事態は恐ろしい結末に向かっていく…

 

2.サマー・オブ・84キャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 2019年8月3日

上映時間: 106分

監督: フランソワ・シマール

    アヌーク・ウィッセル

    ヨアン=カール・ウィッセル

脚本: マット・レスリー

    スティーブン・J・スミス

製作総指揮:フローリス・バウアー

主演者:

グラハム・バーチャー → デイビー 役

リッチ・ソマー  マッキー 役

ティエラ・スコビー  ニッキー 役

ジュダ・ルイス  イーツ 役

ケイレブ・エメリー → ウッディー 役

コリー・グルーター=アンドリュー → ファラディー 役

ジェイソン・グレイ=スタンフォード → ランドール 役

※トリビア

・本作サマー・オブ・84

 監督したフランソワ・シマール

 アヌーク・ウィッセル

 ヨアン=カール・ウィッセルは、

 2015年公開のターボキッド

 監督したことで知られている。

 

 ターボキッドも80年代風の雰囲気を

 漂わせる作品だったが、

 本作とは作風が正反対の

 おバカ系SF映画なので

 多少驚くかもしれない…

3.サマーオブ84感想などを紹介

出典:IMDb

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.サマー・オブ・84の感想

子供が主役で悪に立ち向かうという映画は、

当ブログでも紹介した

壁の中に誰かがいるIT

などがあるように面白い作品が多いと思う。

本作サマー・オブ・84

個人的には楽しめる作品だった。

友情に恋にテンコ盛りの作品だったが、

本編106分で上手くまとまっていたと思う。

ただ、ラストに関してネタバレになるので

多くは語れないが、一切の救いのない胸糞

な終わり方で、ハッピーエンドを期待して

本作を鑑賞すると地獄に叩き落されること

間違いなしの胸糞なホラー映画でした…

 

3-2.サマー・オブ・84の評価

評価 :3/5。

3/5

ミッドサマーという鬱系ホラー映画を観て

気持ちがどんよりしたことがあったが、

本作サマー・オブ・84

ミッドサマーに負けず劣らずの

胸糞なホラー映画であるため、

人によってはトラウマになる

映画かもしれない。

 

ただ、80年代を舞台にしただけあり

当時のアメリカの田舎の再現度は高く、

どこかノスタルジーを感じさせる

不思議な映画でした。

 

4.サマー・オブ・84こんな方にオススメ

ホラー映画好きなら観て損はないと思うが、

ラストが胸糞なホラー映画なので

それを知らずに鑑賞すると、

多少の後悔を感じるかもしれない…

 

普通の映画に飽きた方、

絶望的な気持ちに浸りたい方には

打ってつけの作品だと思います。

 

まとめ

今回はサマー・オブ・84

紹介させていただきました。

 

少年たちの好奇心から犯人探しに熱中する

ひと夏の出来事を、ノスタルジックかつ

絶望的に描き切った胸糞なホラー映画です…

 

気になる方は是非ご鑑賞してみて下さい!!

 

※ランキングUPを目指していますので、

 クリックしていただければ嬉しいです♪

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました