マニアック(2012)傑作のカルトホラー映画のリメイク…シリアルキラー映画を紹介

出典:Amazon.co.jp

今回はマニアック(2012)を紹介します。

 

美女の頭皮を剥ぐ狂人の殺人鬼が再び登場!

 

本作は1980年公開の傑作のカルトホラー映画

マニアックのリメイク映画で、オリジナル

版からアレンジされた部分も多く、

オリジナル版同様に楽しめる

シリアルキラー映画です。

 

それでは詳しく紹介していきます…

 

1.マニアック(2012)あらすじ紹介

ロサンゼルスでマネキンの修復の

仕事をしているフランク

彼はボロボロの古いバンに乗り

若い女性の跡をつけていた。

 

女性の部屋の前まで付いて行くが、

女性に気付かれ叫ばれそうに

なったところで、持参していた

ナイフで女性を刺殺し、

そのまま女性の頭髪を頭皮ごとナイフで

剥ぎ取るのだった…

 

フランクは新たな獲物として、

出会い系サイトを通して

ルーシーと知り合う。

フランクルーシーと一緒に

食事へ行き、帰りはフランクのバンで

ルーシーを家まで送るが、

車内でルーシーから

“家で一杯飲んでいかない?”と誘われ、

フランクルーシーの家へと向かう。

 

ルーシーの自宅で酒を楽しんでいたが、

ふとした拍子からフランク

ルーシーを絞殺し、

持参した剃刀で彼女の頭皮を剥ぎ取る…

 

自宅に戻ったフランクは、

マネキンに向かって嬉々と

独り言を話し始め、

剥ぎ取った被害者の頭皮を、

マネキンの頭に被せるのだった…

 

そんなある日、

フランクの店の前でマネキンの写真を撮る

カメラマンのアンナと知り合う。

 

アンナは写真を撮り終え帰ろうとするが、

フランクアンナを呼び止めて、

店の中に飾ってある自分が修復した

年代モノのマネキンの数々をアンナに披露する。

 

それを見たアンナは、

今度ダウンタウンで写真展を開くのに、

フランクのマネキンを撮らせて欲しいと

頼み、電話番号をメモした紙を置いて行ってしまう。

 

フランクアンナに一目惚れするが、

殺人の衝動は治まらず、

次なる獲物としてエアリアルティシューの

パフォーマーの女性に目を付け、

女性を人気のない駐車場まで追い詰めると、

ナイフで女性を惨殺し頭皮を剥ぎ取る…

 

やがてアンナと共同で開いた写真展は

成功を収めるが、その写真展に訪れていた

エージェントのリタを、フランクは自宅まで

跡をつけて惨殺する…

 

この事態にアンナは大変ショックを受け、

フランクアンナの自宅を訪れて

アンナを慰めようとするが、

その瞬間、フランクは思わず口を滑らせて

犯人でしか知らない事実をアンナにこぼしてしまう…

 

アンナは態度を急変させフランク

激しく抵抗するが、

シリアルキラーとして本性を現した

フランクは、アンナにも牙を剥ける…

 

2.マニアック(2012)キャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 2013年6月1日

上映時間:89分

監督: フランク・カルフン

脚本: アレクサンドル・アジャ

    グレゴリー・ルヴァスール

製作: アレクサンドル・アジャ

    トマ・ラングマン

主演者:

イライジャ・ウッド → フランク 役

リアーヌ・バラバン → ジュディ 役

ミーガン・ダフィ → ルーシー 役

ノラ・アルネゼデール  アンナ 役

アメリカ・オリーヴォ  フランクの母親 役

サミ・ロチビ  ジェイソン 役

※トリビア

ヒルズ・ハズ・アイズピラニア3D

 で有名なアレクサンドル・アジャ

 脚本と製作を担当している。

 

3.マニアック(2012)感想などを紹介

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.マニアック(2012)の感想

ストーリーはオリジナル版の

マニアックと同じですが、

オリジナル版と異なるのは

全編POV(ビデオカメラでの一人称視点)

撮られているため、フランクが犯す殺人の

様子などがとても臨場感があります。

 

また、特殊メイク技術の進歩により

グロテスクな描写も過激さが増してますが、

肝心の頭皮を剥ぎ取るシーンには

修正が入っていているので、

肝心の描写が観れずに残念だし、

オリジナル版と異なり、

殺しのバリエーションがナイフのみなのも

物足りない…

 

グロ描写が物足りない方は、

マニアック・アンレイテッド・バージョン

がBlu-rayで販売しているので、

そちらのバージョンの視聴をオススメします。

 

ノーマルバージョンとは異なり

過激なシーンを修正なしで観れますし、

フランクの狂人っぷりが存分に

楽しめるでしょう。

 

オリジナル版と同様に、

ハラハラドキドキしながら鑑賞できた

シリアルキラー映画でした。

 

3-2.マニアック(2012)の評価

評価 :3/5。

3/5点中

私はノーマルバージョンで観たばかりに、

頭皮を剥ぎ取るシーンなどに修正が

入っていて、本来のマニアック(2012)

を楽しむことができませんでしたが、

それでもなかなか楽しめる映画でした。

 

前作をそのまま踏襲せず、

舞台をニューヨークからロサンゼルスに

変更し、撮影方法も全編POV方式

シリアルキラーことフランク視点で

撮られているので、高い臨場感や

物語の没入感を味わえました…

 

しかも、上映時間が89分と比較的短いうえ、

テンポよくストーリーが進むので

あっという間に鑑賞ができます。

 

3-3.マニアック(1980)を紹介

マニアック(2012)のオリジナル作品に

なるのがマニアック(1980)

 

そんなマニアック(1980)は未だに根強い

人気がある、カルトホラー映画です。

 

狂人のフランクを演じるのは、

ロッキーなどにも出演経験があり、

スタローンとも交流があったジョー・スピネル

 

イライジャ・ウッド版のフランクとは

また違った不気味さがあり、

今観ても十分な恐怖感を味わえる

傑作のカルトホラー映画です。

 

こちらの紹介記事もございますので、

是非、ご覧下さい👇

 

4.マニアック(2012)こんな方にオススメ

オリジナルのマニアック(1980)

鑑賞した方にはまずオススメしたいですし、

ホラー映画好きにもオススメしたい映画です。

 

新旧の両方を観て、

どちらが良かったか吟味するのも

面白いと思います。

 

まとめ

今回はマニアック(2012)を紹介しました。

 

ロード・オブ・ザ・リング

イライジャ・ウッドシリアルキラー

演じた、マニアック(1980)

リメイク映画ですが、新旧共に

楽しめるシリアルキラー映画です。

 

オススメできる映画ですので、

是非、ご鑑賞下さい!!

 

記事を読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました