スクリーマーズ/トータル·リコール等の原作小説家が描くSFアクション映画を紹介

出典:Amazon.co.jp

今回はスクリーマーズを紹介します。

 

本作は原作を“トータル・リコール”

“ブレードランナー”で有名な

フィリップ・K・ディック

脚本を“エイリアン”で有名な

ダン・オバノンと豪華スタッフが

集合して製作されました。

 

そんな本作は、

“ターミネーター”“遊星からの物体X”

を掛け合わせたような

終始ハラハラドキドキできる

傑作のSFアクション映画です。

 

マイナーなのが不思議なくらい

面白い映画ですので、

詳しく紹介していきます!!

 

1.スクリーマーズあらすじ紹介

西暦2078年惑星シリウスの鉱山地帯。

“新経済社会(NEB)”が過去50年の間に

各太陽系での採鉱を独占してきたが、

20年前にシリウス星でNEBは代替エネルギー

ベリニウムを発見。

 

だが採鉱の際に致死量の放射線が発生し

たため、鉱山労働者と科学者からなる

“連合軍”は採鉱の停止をNEBに要求したが、

NEB連合軍に対して武力で抗戦…

 

地球ではNEB連合軍の冷戦が続くが、

シリウス星では未だに激しい攻防戦が

続き、ついにNEBは核攻撃を行い

そのせいで民間人が激減…

さらに放射線で多くの人が亡くなる…

そして開戦から10年目の現在、

人々は新たな脅威に直面していた…

 

シリウス星の鉱山地帯にある

連合軍の基地へ、NEBの兵士が通信筒を

持って現れるが、連合軍が開発した

防御兵器“スクリーマーズ”によって

その兵士はバラバラに殺害されて

しまう…

 

兵士が持っていた通信筒を回収し、

連合軍ヘンドリクソン司令官

通信筒が届けられるが、

通信筒の中にはヘンドリクソン宛に

NEBから緊急連絡として

“直ちに和平交渉を始めたい”と書かれた

メッセージが入っていた。

 

翌日の夜、

連合軍の基地の傍で

民間の宇宙船が墜落する事故が発生。

38名の乗組員のうち37名が死亡…

ジェファーソン上等兵だけが

奇跡的に生還を果たす…

 

ジェファーソンと接見した

ヘンドリクソンは、連合軍の地球本部で

裏切りが発生していることに気付き、

これ以上NEBとの無意味な戦闘を

終結させるために、

ジェファーソンを連れて

NEB基地へと向かう。

 

NEB基地へと向かう道中、

核攻撃で廃墟と化した街を

通りかかった時に、デビッドという

孤児に出会い、デビッドも連れて再び

NEB基地を目指す。

 

しかし、

NEB基地の目前でデビッド

NEBの兵士によって銃撃されてしまう…

 

ヘンドリクソンが急いで

デビッドの下へと駆け寄るが、

デビッドの傷口からデビッドは人ではなく

スクリーマーズだと分かり、

ジェファーソンによってトドメを刺される…

 

そこへNEBの兵士たちが現れ

NEB基地内へと案内されるが、

そこは既にスクリーマーズの巣窟と化していた…

 

やがて新型のスクリーマーズが現れ、

誰が人間で誰がスクリーマーズなのか

疑心暗鬼になっていく…

 

Screamers (1995) – Official Trailer

2.スクリーマーズのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 1996年11月30日

上映時間:108分

監督: クリスチャン・デュゲイ

脚本: ダン・オバノン

原作: フィリップ・K・ディック

製作: トム・ベリー

主演者:

ピーター・ウェラー → ジョー・ヘンドリクソン司令官 役

ロン・ホワイト → チャック 役

アンディ・ラウアー  ジェファーソン 役

ジェニファー・ルービン → ジェシカ 役

チャールズ・パウエル  ロス 役

ロイ・デュピイ  ベッカー 役

ブルース・ボア  グリーン長官 役

※トリビア

・本作スクリーマーズは、

 トータル·リコールなどで知られる

 フィリップ・K・ディックの原作小説

 “変種第二号”が元になっている。

 

3.スクリーマーズの感想やネタバレなどを紹介

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.スクリーマーズの感想

本作は連合軍側とNEB側による

採鉱を巡った戦争映画かと思いきや、

連合軍側が独自に開発した防御兵器

スクリーマーズターミネーター

スカイネットのように自我を持ち、

連合軍NEB関係なく人類に攻撃を始めた

というのが大雑把な物語。

 

登場するスクリーマーズは、

小型の球体のような姿の物から

小動物の形をした物、

究極の形として人間に擬態した物まで

登場し、色んなバリエーションの

スクリーマーズが登場するので面白い。

 

出典:IMDb

※↑は小動物型のスクリーマーズ

 頭部に付いたチェーンソーの

 ような装置でいとも簡単に

 人体をスパンスパン切断します…

 

特にこの人間型のスクリーマーズ

登場してからは、誰が人間で誰が

スクリーマーズなのか?

遊星からの物体Xを彷彿させる

人間同士の疑心暗鬼のシーンもあって、

片時も見逃せなかった。

 

90年代に製作されたSF映画のわりに、

特撮が安っぽいのが残念だが、

とことん観る人の裏をかいた

捻りのあるストーリー展開に

終始画面に釘付けな映画でした。

 

ラストも想像を超える終わり方で、

ハッピーエンドなのかバッドエンドなのか

人によって考察が分かれそう…

 

ちなみに私はバッドエンドです…

 

マイナーなのが不思議なくらい

面白い傑作のSFアクション映画でした。

 

3-2.スクリーマーズの評価

評価 :3.5/5。

3.5/5点中

原作がブレードランナー

トータル・リコール

フィリップ・K・ディックの小説なので、

両方の作品が好きな私にとっては、

本作スクリーマーズも文句なしに

楽しめる映画でした。

 

ストーリーの面白さもさる事ながら、

舞台となる荒廃したシリウス星の大地に

雪が降り積もった風景など、

行ったこともない土地なのに

不思議と郷愁を感じさせてくれる

美しい映像体験でした。

 

マイナーな映画ですが、

観て損は無しの傑作の

SFアクション映画です!!

3-3.スクリーマーズの続編を紹介

2009年にスクリマーズの続編として公開

されたのがスクリマーズ・ザ・ハンティング

である。

 

残念なことに続編は日本では劇場公開され

ることもなければ、日本版のDVDも見つかりませんでした…

 

物語はどうやら前作スクリマーズ

13年後の世界の物語で、

前作で生き残ったヘンドリクソン

その後も描かれています…

 

👇は予告編になります。

Screamers: The hunting – Trailer HQ [High Quality]

 

4.スクリーマーズこんな方にオススメ

SF映画好きにオススメしたい映画ですし、

ロボコップピーター・ウェラー

出演しているので、マニアックな映画が

好きな方にもオススメしときます。

 

また、ブレードランナートータル·リコール

と言ったSFアクション映画が好きな方にもオススメです。

 

まとめ

今回はスクリーマーズを紹介しました。

 

マイナーな映画のわりに、最後まで手に

汗握る大変面白いSFアクション映画です。

 

是非この機会に

スクリーマーズを鑑賞してみては

いかがでしょうか!!

 

記事を読んで下さり、

 ありがとうございました。

 クリックしていただければ、

 やる気が出ますので、

 よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました