サルートオブザジャガー/未来の過激なスポーツを描いたカルトSF映画を紹介

出典:IMDb

今回はサルートオブザジャガー

を紹介させていただきます。

 

本作は、

荒廃した未来世界で流行る

過激なスポーツを題材にした

カルトSF映画です!!

 

1.サルートオブザジャガーあらすじ紹介

時は未来…

文明は崩壊し人々は荒野の中で

生活を送っていた。

 

とある村にサロウを筆頭に、

ジャガー(闘士)と呼ばれる

闘士たちが訪れる。

 

訪れた村にも、

ジャガーと呼ばれる闘士たちが住んでいて、

すぐさまサロウ率いるジャガーたちと

“ゲーム”が始まった!!

 

そのゲームとは、

犬の頭蓋骨を使って行う

ラグビーのようなスポーツで、

ジャガー各々が車のタイヤなどで

手作りされた防具を身にまとい、

さらには鎖やこん棒のような物で

武装して争う過激なスポーツだった!!

 

激戦の末、

一回戦は敗けてしまう

サロウ率いるジャガーたち…

 

二回戦目になり、

敵のジャガーたちに新戦力が加わる!!

 

それはジャガーを目指すキッダだった…

 

キッダは女性でありながら

男のジャガー相手に勇戦するが、

ゲーム中に頭部を負傷…

 

同じく、

サロウの仲間ドック・ボーイ

足を負傷してしまうが、

サロウ率いるジャガーたちが

なんとかゲームを制した…

 

翌朝、

サロウ達は新たな土地“コルカを目指し

村を後にするが、一流のジャガー

なることを目指すキッダは、

サロウたちを追って後を付けていた…

 

荒野を移動中、

ゲームで足を負傷したドック・ボーイ

ついに動けなくなってしまう…

 

担架を使ってコルカまで運ぶことを

提案するが、ドック・ボーイはそれを拒絶…

 

仲間から食料と水を分けてもらい、

回復したらコルカを目指すことを告げる…

 

コルカに到着したサロウたちは、

早速、ゲームを始める!!

 

サロウたちのチームには

ドック・ボーイの代わりに、

新たにキッダが加わった!!

 

ゲーム開始と同時に、

キッダは相手側のジャガーから

強力な肘打ちを顔面にもろに食らうが、

それでも果敢に相手を押し倒し

耳を噛み千切るのだった…

 

サロウたちの援護もあって

キッダはゲームを勝利へと導く…

 

その後も各地をさまよいながら

ゲームを続けるサロウたち…

 

彼らはついに一流のジャガーたちと

戦うために、“レッドシティ”に辿り着き、

リーグに挑戦する。

 

しかし、

リーグに出場するジャガーたちは

これまでに戦ってきた連中とは

比べ物にならない強者揃いで、

これまでにない生死を賭けたゲームに

身を投じることになるのだった…

 

The Salute of the Jugger Trailer

2.サルートオブザジャガーのキャスト・スタッフ紹介

日本公開日: 1990年2月24日

上映時間: 104分

監督: デヴィッド・ウェップ・ピープルズ

脚本: デヴィッド・ウェップ・ピープルズ

撮影: デヴィッド・エグビー

製作: チャールズ・ローヴェン

音楽: トッド・ボーケルハイド

主演者:

ルトガー・ハウアー → サロウ 役

ジョアン・チェン  キッダ 役

ジャスティン・モンジョ  ドッグ・ボーイ 役

ヴィンセント・フィリップ・ドノフオ  ヤング・ガー 役

アンナ・カタリーナ  ビッグ・シンバー 役

デルロイド・リンドー → ムブル 役

マックス・フェアチャイルド → ゴンゾ 役

ヒュー・キース・バーン → ロード・ヴァイル 役

※トリビア

デヴィッド・ウェップ・ピープルズ

 本作が初の監督作!!

 彼は1982年に公開された

 ブレードランナーの脚本家として有名。

 

ロード・ヴァイル役の

 ヒュー・キース・バーンは、

 マッド・マックスで登場する

 暴走族のリーダートッカーター役で有名。

 

3.サルートオブザジャガーの感想など

出典:IMDb

(注意ネタバレも含みます!!まだ未見の方は要注意です!!!)

3-1.サルートオブザジャガーの感想

マッドマックスのような映画を

期待して本作を鑑賞すると、

人によっては多少の肩透かし感が

あるかもしれない。

 

なぜなら、

本家で登場したような改造車や

モヒカンヘアーで暴れ回るような

暴走族たちは一切登場しないからである。

 

しかし、

サルートオブザジャガーの劇中で

描かれる過激なスポーツは、

車のタイヤを加工して作った防具や鎖、

手作り感のあるこん棒を

使用して行われる点が

世紀末感が出ていて良かったと思うし、

“レッドシティ”の地下世界は

未来の荒廃感が漂っていて、

雰囲気があった。

 

劇中で描かれるラグビーの

ようなスポーツが

血は出る骨は折れる

過激なスポーツなのだが、

試合後には敗けたチームが

勝ったチームの勝利を称えたり、

試合後に相手チームのジャガーと

抱擁し合うシーンがあるので、

観ていて嫌な気持ちにはならなかった。

 

しかも、

本作が過激なスポーツ

題材にしているのに、

劇中で死んだ登場人物が一人もいない

 

これもこの手の作品の中では

珍しい分類に入るのではないだろうか…

 

非常にマイナーな映画ですが、

SF映画好きであれば是非観てほしい

カルトSF映画です。

3-2.サルートオブザジャガーの評価

評価 :3/5。

3/5 

サルートオブザジャガーで描かれる

未来のスポーツは

一見ラグビーのようだが、

犬の頭蓋骨や車のタイヤを加工して作った

防具などを使って描かれているので、

その点、

目新しく感じられて面白かった。

 

また、

キッダ役のジョアン・チェンが美人で、

そんな彼女がスポーツで

ボロボロになる姿は観ていて痛ましいが、

強者のジャガーに果敢に挑む姿は

セクシーでカッコイイ!!

 

個人的に悪役のイメージが強い

ルトガー・ハウアーだけに、

いつ狂うのか観ていてソワソワしたが、

今回の役はわりと大人しかった 笑

 

知名度の低い作品だけど、

わりと最後まで楽しめた

カルSF映画でした。

 

4.サルートオブザジャガーこんな方にオススメ

過激なスポーツ

題材にしているだけあって、

残酷な描写が多いような

雰囲気はありますが、

実際に観てみるとバイオレンス描写

さほどエグイシーンでもないので、

多くの人に観てもらえるのではないでしょうか?

 

また、

各々のジャガーたちの衣装も

個性が出ていて面白いです。

 

マッドマックスがお好きな方なら、

気に入ってもらえるのではないかと思います。

 

まとめ


サルートオブザジャガー

紹介させていただきました!

 

荒廃した世界を舞台にした

作品は多くありますが、

荒廃した世界観で過激なスポーツ

焦点を当てた映画は

珍しいのではないかと思います!

 

カルトSF映画ですが、

本作には独特の荒廃した

世界観が醸し出されているので、

その雰囲気も十分に堪能できます。

是非、ご鑑賞していただきたい映画です。

 

※ランキングUPを目指していますので、

 クリックしていただければ嬉しいです♪

にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました